ページ コンテンツ

雲上寺ジェシカの腹ペコBLOG

ホットなニュースでお腹いっぱいにするBLOG

Xmasを彩る☆ ロッテがホールサイズの巨大チョコパイを新発売

記憶に新しい「富山県チョコパイ騒動」

チョコパイが悪い意味で全国区のニュースになってしまいました・・・。

f:id:mottokoikoi:20181120115753p:plain

 

インフルエンサー的な活動をしている大学生が、

携帯会社のPRの一環として「チョコパイの無料配布」を行ったところ、

人が集まり過ぎて他人の駐車場のフェンスを壊してしまい、

大学生が所属する大学が謝罪する騒ぎとなりました。

 

 

富山県が食べ物関連で騒動を起こすのは

あの有名な「米騒動」以来(?)だと、

ネット上で大きな盛り上がりを見せてしまいました。

 

 

大変不名誉な事態に富山県民も呆れています(´;ω;`)

話題となったツイートがこちら↓

 

 

 

この騒動があった日、

Twitterでトレンド入りしたり、

全国ニュースになってしまったりと

「チョコパイ」というワードの注目度が一気に上がりました。

 

 

他人の所有地のフェンスを壊したのは大いに反省すべきと思います。

壊したのは大学生ではなく集まった人達ですので、

企画側と参加者の両方が反省しなければなりません。

それは置いておいて、1つのTwitterでこれだけの人が集まるという

SNSの影響力については考えさせられるものがありました。

 

 

さて、話は大きく変わりますが、

私は最初このニュースを聞いたときは、

こっちのチョコパイではなく

f:id:mottokoikoi:20181120112847p:plain

(画像引用元:マクドナルド

 

こっちのチョコパイと勘違いしました。

f:id:mottokoikoi:20181120113600p:plain

 

ネット上でも私と同じように、

森永エンゼルパイやロッテのチョコパイと勘違いした人が多くいました(涙)

そして配布されたマクドナルドの三角チョコパイ自体も全く悪くないので、

今回のチョコパイ騒動で一番傷ついたのはチョコパイです(´;ω;`)

 

 

「チョコパイなんかでそんなに人集まるか?」

「たたがチョコパイに人殺到し過ぎwww」

などと言われてしまい、チョコパイのトバッチリ感が否めません(´;ω;`)

 

 

たかがチョコパイ、されどチョコパイ!!

マックもロッテも森永も、どのチョコパイも美味しいです!

 

 

ちなみに私はどのチョコパイも大好きですが、

中でも子供の頃からロッテのチョコパイが大好きでした。

安値でケーキを食べられたような満足感が得られるお菓子です\(^o^)/

 

 

そんなロッテは公式サイト

「チョコパイを彩るレシピを掲載しています。

チョコパイをタワーのように積み上げたゴージャスなデコレーションや、

チョコパイをミルフィーユにする大胆アレンジを紹介。

より一層華やかなチョコパイが食べられます。

www.lotte.co.jp

 

さらに、今週からなんとロッテのチョコパイから新商品が!!

ホールサイズの巨大チョコパイが新発売されました\(^o^)/

f:id:mottokoikoi:20181120114557p:plain

(画像引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/15617153/

 

ロッテ、ホールケーキサイズの「″生″チョコパイ<FRAISIER>(5号)」を発売

ロッテは、11月19日に、「“生”チョコパイ<FRAISIER>(5号)」を発売する。「“生”チョコパイ」は、京王百貨店新宿店内に今年4月19日から1年間限定でオープンする専門店で、テイクアウトにて販売している。今回、“生”チョコパイ専門店で1番人気のFRAISIER(フレジェ)がみんなで分け合えるホールケーキサイズの仕様になって新発売する。「Toshi Yoroizuka(トシ・ヨロイヅカ)」のオーナーシェフ鎧塚俊彦氏監修のもと、同氏がこだわり抜いた厳選素材と濃厚さを凝縮し、消費期限が2日の本格的な生品質を堪能できる「“生”チョコパイ<FRAISIER>(5号)」となっている。通常チョコパイの約13倍重量がありチョコパイ史上最大となるインパクト抜群の“生”チョコパイだという。

 

(引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/15617153/

 

価格は2,376円(税込)。

一年間の限定品なので、一度は絶対食べたいです\(^o^)/

Xmasシーズンに新宿に行ったときはついでに買って帰ろうと思います。