時短

きもの やまと👘の口コミ・評判は❓多くの芸能人が愛したファッション着物の真髄

Pocket

着物の「ファッション化」や「カジュアル化」を目指し、
誰でも気軽に自由に楽しめる着物👘を作っている会社があります。

大正6年に創業した、株式会社やまとです。

伝統を守りつつ、着物でエキサイトしようという、
まさに”過去”と”未来”の融合を実現している会社です。

<公式サイトはこちら>www.kimono-yamato.co.jp

多くの芸能人がこの「きもの やまと」の着物を好んで着ていることもあり、
若い子に大人気のブランドです。

多くの芸能人がイメージキャラクターに

安室奈美恵さん (1996年)

f:id:mottokoikoi:20200414150713p:plain
(画像引用元:Gramho

f:id:mottokoikoi:20200414150817p:plain
(画像引用元:Gramho

超貴重なお宝写真です。

1996年といえばまさに安室奈美恵の時代!!
当時ハタチの安室ちゃんが 、きもの やまとのイメージキャラクターでした。

あまり和装のイメージがなかったのですが、とても美しくよく似合っています。

前田敦子さん(2011年)

f:id:mottokoikoi:20200414151329p:plain
(画像引用元:Pinterest

f:id:mottokoikoi:20200414151847p:plain f:id:mottokoikoi:20200414151829p:plain f:id:mottokoikoi:20200414151819p:plain

f:id:mottokoikoi:20200414152035p:plain
(画像引用元:アメブロ

2011年にイメージキャラクターを務めていたのは
元AKBのあっちゃんこと前田敦子さん。

ちょうどハタチになったばかりの頃の前田敦子さんのキュートな振り袖姿です。

早見あかりさん(2014年)

f:id:mottokoikoi:20200414152957p:plain f:id:mottokoikoi:20200414153004p:plain

f:id:mottokoikoi:20200414152904p:plain
(画像引用元:ももクロ侍

2014年のイメージキャラクターは、元ももいろクローバーのメンバーで
現在は女優として活躍されている早見あかりさん。

個人的にこの青色の着物が大好きです。

たしか早見あかりさんのももクロ時代のイメージカラーは青色だったと思うのですが、
大人っぽい彼女には青色の着物はぴったりだと思います。

永野芽郁さん(2018年)

f:id:mottokoikoi:20200414153851p:plain f:id:mottokoikoi:20200414153812p:plain

f:id:mottokoikoi:20200414153822p:plain
(画像引用元:きもの やまと公式サイト

そして現在イメージキャラクターを務めているのが永野芽郁さん。

朝ドラ「半分、青い。」の主演をきっかけに、
今や老若男女問わず幅広い世代から人気のある国民的女優になりました。

2019年にハタチになったばかり。
まだまだ若い永野芽郁さんの今後の活躍も楽しみです。

いやーー、目の保養になりましたね!!
美人×着物=美人度が100割増しです。

このように、きもの やまとさんでは、
その時代に特に活躍しているハタチ前後の女優・女性アイドル・女性歌手を
イメージキャラクターに選んでいるようです。

イメージキャラクターの就任期間は、大体1年から3年程度。

ハタチという人生の中でも最も輝かしい瞬間を、
豪華な美しい着物を着て、写真に残してもらえるというのはとても幸せですね。

芸能人のみなさんにとっても、芸能人のみなさんの親御さんにとっても、
きもの やまとさんのオファーはとても喜ばしいことだと思います。

きものやまとでは、振袖の販売はもちろん、振袖のレンタルも行っていますので、
安室奈美恵さんや前田あっちゃん達と同じ着物を着ることができます!!!
憧れの芸能人と同じ振袖を着て成人式に行けるなんて、何とも幸せですね💞

大好評🌟5分で着られる「クイックきもの」「クイックゆかた」

私がきもの やまとさんに初めて興味を持ったのは、2017年に発表された
「5分で着られるクイックきもの・クイックゆかた」がきっかけです。

<当時のリリース記事はこちら>

f:id:mottokoikoi:20200414161552p:plain

prtimes.jp

今の20代女性の8割は、自分で着付けができないそうです。
何を隠そう、私も着付けなんてできません(涙)💦

花火大会や冠婚葬祭、子供の入学式など、
着物や浴衣を着たいと思うシーンってありますよね。

私も花火大会くらいは浴衣着たいなと思いつつ、
毎回美容院に6千円くらい払って着付けてもらうのが嫌になって
ここ最近は全く着なくなりました。子供に着せてあげて、自分はもういいかと。

しかし、そんな諦めていた方に朗報です!

きもの やまとさんの「クイックきもの」「クイックゆかた」なら
着付けが出来ない人でも簡単にたった5分で着られて
しかも型崩れもしないととても評判です。

f:id:mottokoikoi:20200414165346p:plain(画像引用元:きものやまと講義

「5分で着られるクイックゆかた」の着付け方

f:id:mottokoikoi:20200414163611p:plain

f:id:mottokoikoi:20200414163953p:plain
(画像引用元:prtimes

こんなふうに、羽織って結んで整えるだけで簡単に着られるんです。

ウエストサイズは人それぞれ違いますが、「クイックゆかた」は、
自分のサイズで採寸しているのでピッタリ合います。

着丈だけではなく衣紋(えもん)も自然に抜けるよう計算されています。

腰紐の位置はその人ごとの体形に合わせて調整するので、
腰紐を結べばゆかたが自然と身体の曲線に合うように設計されています。

つまり、簡単に着られるだけではなく、
その人が最も美しくなるシルエットをつくりあげられている
、という点が
「クイックきもの」「クイックゆかた」の大きな特徴です。

きものが本来持っている美しさを損なわないようにしつつ、
「簡単・早い・きれい」を実現させていることが強みです。

好みの反物を自分のサイズに合わせて仕立ててもらえるので、
着丈も袖の長さもピッタリで着やすくて、美しいシルエットになります。

気になるお値段は?

料金・加工期間
クイックきもの 加工期間 40日
1.反物よりお仕立てする場合の料金 ¥5,000+税(反物代は別)
2.お持ちのきものを加工する場合の料金 ¥7,000+税(着物代は別)
クイックゆかた 加工期間 なし(加工済のゆかたを販売)
料金 ¥19,900~¥85,900

「クイックきもの」の料金は、意外にもリーズナブルです。

もちろん着物自体の値段は別途かかりますが、
反物や着物を「クイックきもの」に加工する料金は、5,000円~7,000円でできます。

「クイックゆかた」は予め加工済のゆかたを販売するスタイルで、
お値段は大体2~3万円、高いものは7~8万円になります。

オーガニックコットン糸を100%使用した肌にも地球環境にも優しい素材です。

高いといえば高いですが、
毎回美容院や着物店で着付けを頼むことを考えたら遥かに安いと思います。

加工を施すことで簡単に着ることができるようになり、
きものやゆかたを着る機会が増えれば、十分に元がとれるのではないでしょうか。

「クイックゆかた」の口コミ・評判

「クイックゆかた」は、発売と同時に、多くの人々から
「こんなの待っていた!」という声が続々。

非常に評判の高いヒット商品です。

プレスリリースに掲載されていた口コミの一部をご紹介したいと思います。

「暑い夏は、着付けする時が一番億劫。出かける前に汗だくになってしまう。だから本当にうれしいです。こういうのを待ってた!」(50代女性・長野県)

「練習してなんとか覚えたけれど、着るのがやっと。苦手意識があったけどこれならきれいに着られるから着る機会がもっと増えそう。」(20代女性・栃木県)

「子どもがまだ小さいから、時間がなくても着て行けるのはとても良い。」(30代女性・熊本県)

「仕事が忙しくて着付けを習いたかったけど習う時間がなかった。これなら本当にすぐ着られる!」(40代女性・福岡県)

「ゆかたがこんなに簡単に着られるなんて知らなかった!これなら着崩れもしないから安心です。」(20代女性・宮城県)

「今年の夏こそ自分でゆかたを着たいと思っていたので、不器用な私でも簡単に着られるのがうれしい。」(20代女性・福島県)

自分で着付けができない人も簡単に着られて、
自分で着付けができる人も着付けの手間が減って楽になったと高評価です。

私も和装に興味はあるものの、着付けのハードルが高くて
年齢とともに浴衣を着るのが億劫になってしまっていました。

しかし、この「クイックゆかた」なら5分で簡単に浴衣が着れるので、
夏までに購入しようか前向きに検討しようと思います。

1回500円の着付けレッスンも

きものやまとさんは、1回500円で参加できる「着付け教室」があります。
一人できものが着られるように、きものの着方を学ぶ、簡単着付けレッスンです。

<公式サイトはこちら>www.kimono-yamato.co.jp

きものや帯など、着付けに必要なものはすべて準備してくれるので、
手ぶらで参加できます。

きものを持っていないけど、着付けに興味があるという人でも気軽に参加できます。

1回きりのコースや、4回コースなど、様々なプランがあります。
「きものの着付け」だけでなく、「ゆかたの着付け」もレッスンできます。

きものケア

きものやまとさんでは、大切な着物をいつまでも美しく着られるように
「きものケア」というサービスを行っています。

着物を家では洗うことは難しいので、
クリーニング屋に依頼する人が多いと思いますが、

着物のクリーニングに慣れているクリーニング屋も少なくなってきているので、
こういった「着物専門のクリーニングサービス」を利用するといいと思います。

<詳細はこちら>www.kimonocare.com

kimono-yamato-care.com

f:id:mottokoikoi:20200728160607p:plain
(画像引用元:きものやまと きものケア 大切な着物をいつまでも美しく

「きものケア」では、「きもののお手入れ(クリーニング)」だけでなく、
「きもののリメイク」や「きもののリフォーム」にも対応しています。

それぞれのサービス概要を詳しくみていきましょう。

きもののお手入れ(クリーニング)

きものやまとでは、”京洗い”と呼ばれる着物を長持ちさせるための
特選ドライクリーニングを行います。

一流技能士が生地の特徴をみて、きもの一枚一枚に合った
最適なクリーニングを施してくれます。まさに匠の技です。

f:id:mottokoikoi:20200728161049p:plain(画像引用元:京洗い|着物クリーニング・洗い張り・京洗い「きものケア.com」)

目立つ汚れは「下洗い」(手洗い)で落とし、
ドライマシーンでしっかりと洗浄します。

衿や袖口などの皮脂汚れや全体的な汚れが落ちて綺麗になり、
最後はアイロンで仕上げてくれるのでまるで新品のような綺麗な仕上がりになります。

f:id:mottokoikoi:20200728161654p:plain

きもののリメイク

「きものケア」では、着なくなったきものや余ったきもの生地を
小物などにリメイクするサービスも行っています。

  • サイズが合わなくなって着れなくなったきもの
  • 振り袖を切って留め袖に加工した際の余り布
  • 着ずにタンスで眠っているきもの

などのきもの生地を加工して、
オリジナルの洋服やコート、可愛い小物に変身させてくれます。

f:id:mottokoikoi:20200728162116p:plain

私は成人式のときに、祖母からもらった振り袖を着ました。
母親も同じきものを成人式で着ており、我が家代々引き継がれているきものです。

娘が生まれたので留め袖にはせず、振り袖のままとっているのですが、
私や母親のときと、娘のときとで流行や好みも違いますから、

もし娘が成人式のときに「別のきものが着たい」と言い出したら
留め袖に加工して余り布はリメイクして小物にしようかと思っています。

ずっとタンスに眠っているくらいであれば、いっそきものをリメイクして
お気に入りの洋服やコートに変身させてみるのもいいと思います。

f:id:mottokoikoi:20200728162534p:plain

きもののリフォーム

「きものケア」では、きもののリフォームも行っています。

古くて生地が傷んでしまったり、
クリーニングでは落とせない汚れがついてしまったり、
サイズや色柄が合わなくなってしまった際に
もう一度美しいきものを蘇らせてくれるサービスです。

具体的には、以下のような施術を施します。
いずれも一流職人にしかできない匠の技です。

柄たし

このように、シミ抜きでは落とせないような汚れがついてしまったり、
シミのあった部分に新しい柄を描き加え隠してしまいます。

f:id:mottokoikoi:20200728163551p:plain
(画像引用元:シミ・穴あきを直したい – きものやまと きものケア 大切な着物をいつまでも美しく

かけはぎ

このように、虫喰いやタバコなどで穴が空いてしまったときは、
コゲた部分を切り取り、布と糸で縫い合わせて柄たしで仕上げます。

裏から布をして極細の糸で縫い止めてから、色ハケ柄たしをします。
熟練の腕が必要な、非常に高度な作業です。

f:id:mottokoikoi:20200728163218p:plain
(画像引用元:シミ・穴あきを直したい – きものやまと きものケア 大切な着物をいつまでも美しく

箔加工

色あせてしまった生地は、箔加工で蘇らせます。

f:id:mottokoikoi:20200728163517p:plain
(画像引用元:シミ・穴あきを直したい – きものやまと きものケア 大切な着物をいつまでも美しく

刺繍加工

刺繍のほつれ直し、落ちないシミ、汚れ、穴あき、キズ等を刺繍で補正します。

落ちないシミは改めて刺繍で柄をつくって縫いつぶしてしまったり、
穴あき部分をふさいで上から刺繍をかぶせることで綺麗に仕上げます。

f:id:mottokoikoi:20200728163740p:plain
(画像引用元:シミ・穴あきを直したい – きものやまと きものケア 大切な着物をいつまでも美しく

きもの通販

きものやまとでは、着物の店頭販売だけでなく、着物の通信販売も行っています。

店頭販売はこちらから

<きものやまと 店頭紹介>

通信販売はこちらから

<やまとオンラインストア>



100年の歴史を誇るきものやまとは、オンラインショップも充実しており、
以下のようなブランドが揃っています。

<オンラインショップブランド一覧>

  • きものやまと
  • KIMONO by NADESHIKO
  • DOUBLE MAISON
  • Y. & SONS
  • THE YARD
  • YAMATO Tsunagari Project

オンラインショップには、伝統的な着物や普段使いOKなファッショナブルな着物まで
ありとあらゆる種類が多数揃っています。各ショップを一つずつみていきましょう。

きものやまと



きものやまとのオンラインショップ。
やまとの約100年の歴史がぎゅぎゅっと詰まった、
王道スタイルの着物が多数揃っています。

KIMONO by NADESHIKO



「私に起きる、ささいな驚き」をコンセプトにしたブランド。

着物や浴衣の販売はもちろんのこと、カジュアルに着物を楽しめる
「きものドレス」という新たなファッションアイテムも販売しています。


(画像引用元:https://store.kimono-yamato.com/DefaultBrandTop.aspx?bid=02)

きものドレスは全15種類で定価は4万円です><

気軽に楽しめる日常使いの着物が多く揃っており、
もっと手軽に着物を着たいと思っている方や、
お正月などに定期的に和服を着る方にオススメです。


(画像引用元:https://store.kimono-yamato.com/DefaultBrandTop.aspx?bid=02)

DOUBLE MAISON



ドゥーブルメゾンは、着物と洋服を「身につけるもの」という大きな視点をもって
従来のルールに制約されない生きたコーディネートを提案しているお店です。

シックなデザインの着物、ポップなデザインの浴衣など、
このお店にしかないような変わったデザインが人気です。


(画像引用元:https://store.kimono-yamato.com/DefaultBrandTop.aspx?bid=05)

Y. & SONS



Y. & SONSは、メンズ用のお店です。

「メンズきものテーラー」をコンセプトに、固定概念にとらわれない自由な発想で、
伝統と革新が融合した新しい着物を販売しています。

本格的な夏きものからシャツ、羽織スタイルといった幅広いラインナップが揃っています。


(画像引用元:https://store.kimono-yamato.com/DefaultBrandTop.aspx?bid=03)

THE YARD



「THE YARD (ザ・ヤード)」は
“白シャツのように着る新しい日常をつくるきもの”をテーマに生まれたブランドです。

男女両方の着物・浴衣を扱っているので、
ご夫婦や恋人同士で同じようなデザインを購入し、
ファッションをあわせてみるのもいいかもしれません。

今シーズンは、「緑雨」をテーマにした深い青緑の着物が新商品として販売されています。
深く濃い青と緑が「新緑の青葉に降る雨」の景色を連想させ、
日本の原風景を彩った美しい一枚だと思います。


(画像引用元:https://store.kimono-yamato.com/DefaultBrandTop.aspx?bid=04)

YAMATO Tsunagari Project



YAMATO Tsunagari Projectは、
”きものの産地”と”世の中”との<つながり>を生かしたブランド。
着物と世の中をどうやって結びつけるかをテーマにしたお店で、
日本人の日々の生活の中に取り入れやすい着物を販売しています。

例えば、アウトドアメーカー「スノーピーク」とのコラボレーションによる
「OUTDOOR KIMONO」(アウトドアきもの)というプロジェクトを展開しています。

こんな風に着物姿で火を囲めたら、まるで昔の時代にタイムスリップしたかのような
武士の気分が味わえて、日本の素晴らしさを改めて強く感じられそうです。


(画像引用元:https://store.kimono-yamato.com/DefaultBrandTop.aspx?bid=06)


いかがでしたでしょうか?

きものやまとのオンラインショップには、このように豊富な着物情報が多数揃っています。

私の場合、着物にあまり詳しくないので、
「成人式の着物」や「大学卒業式の袴」は母や祖母の意見も聞きつつ決めました。

今は新型コロナの懸念もあり、高齢の母や祖母と出かけることは躊躇してしまいますので、
やまとさんのように店頭販売だけでなく、通信販売も充実していると大変有り難いです。

このご時世なので、ネットからこれだけ多くの情報が得られるのは嬉しいですね。

最後に

今年はコロナの影響もあるので、
花火大会が例年通り開催されるかまだわかりません。

ロードの歌詞にもあるように、
なんでもないようなことが幸せだったなあと強く思います。

花火大会が予定通り開催できるような日常は、本当に幸福なことです。
日本の夏の風物詩がみられるような「いつもの夏」がやってくることを祈ります。

「いつもの夏」がやってきたら、今年こそきちんと浴衣を着て、
家族みんなで花火大会に行きたいです。

きものやまと さんの「クイックゆかた」なら、
不器用な私でも着崩れせずに簡単に着付けできるので、

家族全員ゆかたを着て、花火をバックに記念写真が撮れたら幸せです。

f:id:mottokoikoi:20200414184712p:plain
ABOUT ME
mottokoikoi
3児の母でアラサー専業主婦。