動物

集団訴訟の噂があるアニスピホールディングス、一体なぜ❓わおんでお馴染みのペット共生型障がい者グループホーム🐶🐱

Pocket

以前、こちらのブログでアニスピホールディングスという
『ペット共生型の障がい者グループホーム』についてご紹介させていただきました。

<過去のブログはこちらから>



有り難いことに多くの反響をいただいたのですが、
中には「あまり良くない噂もネットに書かれていますがどうなのでしょうか?」
と言った声も寄せられましたので、
今回はその辺りの噂について触れて続編を書いていきたいと思います。

アニスピホールディングスとは?

まずは前回のおさらいです。
アニスピホールディングスは、日本初のペット共生型障がい者グループホーム
「わおん」「にゃおん」を運営している会社
です。

<公式サイトはこちら>f:id:mottokoikoi:20200525145603p:plain

anispi.co.jp

アニスピホールディングスは、「人間も動物もハッピーに。」を合言葉に
活動を続けており、障がい者と保護犬・猫の共同生活の支援を行っています。

保護犬たちと暮らすメリット

f:id:mottokoikoi:20200525150437p:plain

「わおん」「にゃおん」で暮らす人々は、「精神障がい者」「知的障がい者」
「発達障がい者」「身体障がい者」など、様々な障がいを抱えています。

入居される人の大半は、一般企業に障害者雇用枠で就職しています。
動物が人間にもたらす健康効果は絶大です。

心理的効果

f:id:mottokoikoi:20200525151157p:plain

・元気な気持ちになる
・くつろげる
・笑う機会が増える
・親密な感情を生む
・回想作用

などの効果があります。
動物がそばにいてくれるだけで自然と心がほぐれて元気や笑顔になれるのです。

生理的効果

f:id:mottokoikoi:20200525151430p:plain

・病気の回復を助ける
・刺激やリラックス効果
・血圧やコレステロール値の低下
・運動の機会が増える
・楽しんでリハビリテーションができる

オーストラリアのペースメーカー心臓研究所の調査によると、
動物を飼っていた人と飼っていない人とでは、

動物を飼っていた人の方が血圧やコレステロール値が低いという結果が出ているそうです。
動物と一緒に暮らすことは、心だけでなく身体にも良い効果をもたらしてくれます。

社会的効果

f:id:mottokoikoi:20200525152136p:plain

・人との出会いのきっかけができる
・コミュニケーションのきっかけになる
・人間関係がスムーズになる
・身体的、経済的な自立を支える

ドイツの37箇所の老人ホームの調査結果によると、
動物を飼っていたグループと飼っていないグループとでは、
動物を飼っていたグループの方が周りとのコミュニケーションが
質・量ともに良好となったという結果が出ています。

動物と接することで孤独や退屈が減り、喜びが増え、ライフスタイルも
前向きに変化し、自身の病気について考えすぎなくなったそうです。

f:id:mottokoikoi:20200525152742p:plain

おそらく小学校で動物を飼うのは、この社会的効果を狙ってのことだと思います。
私自身、小学校の頃は、学校の飼育委員を好んでやっていました。

主に校庭のそばに設置された小屋で「うさぎ」や「ニワトリ」のお世話をしたり、
教室の中で飼っていた「メダカ」や「ハムスター」のお世話をする係でした。

「動物と触れ合いたい」という目的で入った委員会でしたが、
自然と動物をきっかけに今まで話したことのなかったクライメイトとも
話をするようになり、友達が増えたことを覚えています。

動物という共通の話題ができたことで、自然とお友達と動物の話をするようになり、
仲良くなっていったように思います。

このように動物と共存することは、心理的、生理的、社会的に非常に良い効果を
もたらします。
動物と暮らすことでアニマルセラピーのような効果が期待できます。

「わおん」や「にゃおん」に入居する人は、
最初は慣れない場所での生活に不安を感じる方も多いかもしれませんが、
犬猫の力もあって徐々に楽しく生活できるようになるようです。

また、アニスピホールディングスで暮らす犬や猫は、
みな外部から引き取られた「保護犬」「保護猫」です。

毎日罪のない命が人間の手によって処分されています。
日本では、年間5万頭もの犬猫が殺処分されていると言われています。

アニスピホールディングスの「わおん」「にゃおん」事業は、
まさに「人間も動物もハッピー」になれる施設なのです。

集団訴訟の噂

では、そんな社会貢献度の高いアニスピホールディングスに対して、
一体なぜ黒い噂が出ているのでしょうか?

まずは、どういった噂が出ているのか調べてみることにしました。

社名「アニスピホールディングス」で検索した際に、
真っ先に目に止まるのが以下サイトです。

f:id:mottokoikoi:20200525161016p:plain(引用元:【集団訴訟に向けて】株式会社アニスピホールディングス「グループホームわおん事業」について

『マトマリ』という名称のサイトだそうで、
このサイトの発起人は、『弁護士法人 あまた法律事務所』のようです。
(サイト内に、© 弁護士法人 あまた法律事務所 2019と表示されますので)

f:id:mottokoikoi:20200525161607p:plain(引用元:【集団訴訟に向けて】株式会社アニスピホールディングス「グループホームわおん事業」について

<弁護士法人 あまた法律事務所について>

法人名 弁護士法人 あまた法律事務所
住所 〒113-0033

東京都文京区本郷2丁目39−6 大同ビル 5F

代表者 豊川祐行
取り扱い業務 借金問題
交通事故相談
離婚問題
労働問題
消費者トラブル
刑事事件
企業法務相談

この弁護士法人 あまた法律事務所の公式サイト
マトマリというサイトのサービス紹介がありました。

マトマリは、弁護士法人あまた法律事務所が運営する
集団訴訟プラットフォームなのだそうです。

MatoMaは、被害に遭った人たちと弁護士が一団となりまとまることで、様々な訴訟解決を目的とする集団訴訟プラットフォームです。(引用元:弁護士法人あまた法律事務所HPより)

f:id:mottokoikoi:20200525162633p:plain(画像引用元:取扱業務 | あまた法律事務所

この『集団訴訟プラットフォームMatoMa(通称:マトマリ)』は
いつでも誰でも簡単に無料で弁護士に相談できるというプラットフォームで、
メディアでもたびたび取り上げられるなど話題になっているようです。

f:id:mottokoikoi:20200525163553p:plain(画像引用元:取扱業務 | あまた法律事務所

↑ご覧のように、スマホひとつで手軽に会員登録できて、
被害状況などを書いておけば、あとは弁護士にお任せというサイトのようです。

しかし、1点注意しなければならないのは、誰でも書けるという点です。
つまり、弁護士が対応するしないに関係なく誰でも書けるということです。

要するに、この集団訴訟プラットフォームMatoMaは
誰でも集団訴訟に関するマトマリを作成することができるため、
全てが集団訴訟に発展している案件ではないことに注意する必要があります。

マトマリに書かれているアニスピホールディングスに対する請求金額は、
19,090,000円(約1900万円)とあり、なかなか心穏やかではない様子。

しかし、アニスピホールディングスに関しては
タイトルも「集団訴訟に向けて」となっており、
現在は「募集中」のままで、まだ特に進展はみられません

実際に弁護士が集団訴訟に向けた準備をしているわけではない、ということになります。

このマトマリは去年の12月に立てられたようですので、
「募集中」というステータスのまま、既に半年以上が経過しているようです、

被害者と名乗る人々の声はちらほらと集まっているものの、
肝心の弁護士が動いているのか、よくわからない状態ですね・・・。

マトマリ内の「証拠」というページに、
顧客からのクレームを裏付ける「証拠」となるものが一切掲載されておらず
そうした状況から弁護士が二の足を踏んでいる可能性も否めません。

今後一体どうなってしまうのか、心配なところではありますが、
入居者や保護犬たちのためにも早期解決を望みます。

f:id:mottokoikoi:20200525170652p:plain

レベニューシェアについて

以下は、実際にマトマリのサイト内に書かれている
アニスピホールディングスに対するクチコミはこのようなものでした。

A
障害者むけグループホーム開設FC加盟資金として300万を振込み。紹介された物件はグループホームとしての用途は満たせず解約。物件取得費用は返金されず。そこから音信普通。いまだに開設できない。

B
障碍者向けグループホーム+訪問看護ステーション開設。FC加盟金として750万で契約。今年の1月に契約したが、開設できずアクションもない。

こういったクチコミが多くみられます。

おそらく書き込んでいる人はアニスピホールディングスと契約した
事業主だと思われますが、事業主は一つ大きな誤解をしているように思います。

アニスピホールディングスは、レベニューシェアという契約形態ですから、
事業主と共同で施設を開業する必要があります。

最初にグループホームの規模などによってコースを選択し
開設に必要な手続きを行います。施設、物資、ノウハウなどを提供してもらうために
事業主はアニスピホールディングスに対して「コース料金」を支払う必要があります。

そして、次に、実際に「わおん」や「にゃおん」の物件を取得し、
開業を準備するにあたって必要な初期投資を行います。

ここまでの流れを踏まえて、実際に事業をスタートさせるようです。

また、「わおん」は障がい者グループホームですから、障害者総合⽀援法に基づく
「共同⽣活援助」の事業所指定を受ける必要があります。

「共同⽣活援助」の事業所指定は各都道府県知事が出すことになっていますので、
都道府県を相手に適切なプロセスを経て、事業所指定を受けなければなりません。

そして、各都道府県の満たす障がい者グループホームの基準を満たさない場合、
事業はスタートできずに解約となってしまうリスクもあります。

つまり、この初期投資を行ってから実際に事業をスタートさせるまでに
ある程度の時間がかかります。

もともと事業主のために「わおん」を作りました→売りますというわけではなく
契約を交わしてから一緒に作っていくという契約内容になります。

ですから、契約書に印鑑を押した時点から
「今日からこの施設はあなたのものです」というわけにはいかないからです。

契約を交わしてから、事業主と一緒に「わおん」を開業させるために
協力して動いていく必要があるのです。

この点を契約時に理解しておかないと、「お金を払ったのに遅い」
「お金を払ったのに結局解約になった」などの不満が起きてしまう可能性があります。

おそらくアニスピホールディングス側から契約時にこういった説明は、
されているかと思いますし、この会社に限らず、レベニューシェアという契約形態は
メリットもあればデメリットもあります。

事業を検討されている事業主の方は、今一度レベニューシェアという契約形態が
自分に合っているかしっかりと考える必要があるかと思います。

f:id:mottokoikoi:20200525180222p:plain

「わおん」「にゃおん」自体のサービスは、
障がい者支援という面をみても、保護犬・保護猫の支援という面をみても、
非常に社会貢献度の高い事業だと言うことは間違いないと思います。

しかしその一方で、アニスピホールディングスに対して、疑問や不満を抱いている
事業主は一定数いるようですから、契約上の課題をクリアにすることで、
これからも「人間も動物もハッピー」な事業を日本中に広げて欲しいと切に願います。

ABOUT ME
mottokoikoi
3児の母でアラサー専業主婦。