ページ コンテンツ

雲上寺ジェシカの腹ペコBLOG

ホットなニュースでお腹いっぱいにするBLOG

「ブロリコ」の驚きの健康パワーとは❓イマジン・グローバル・ケアに学ぶ、ブロッコリーの底力🥦

ブロッコリー🥦って素敵な食材ですよね❗❗❗

多くの主婦が重宝する食材なのではないでしょうか。

ちなみに私は、冷凍ブロッコリーを常に冷凍庫にストックしています。

 

そう、なんといってもブロッコリーがあると、彩りが格段によくなるんです。

 

グラタンにも・・・

f:id:mottokoikoi:20200519154931p:plain

 

ハンバーグにも・・・

f:id:mottokoikoi:20200519155006p:plain

 

お弁当にも・・・

f:id:mottokoikoi:20200519155151p:plain

 

ブロッコリーを添えるだけで

こんなに色鮮やかに仕上がるんです✨✨✨

 

ブロッコリーのないお弁当なんて、

どんなに子供が喜ぶおかずを詰め込んだところで

「茶色い弁当、恥ずかしい(笑)」と失笑されてしまうんです…(´;ω;`)

悲しい…。見た目はともかく、味は美味しいのに…茶色いおかずのお弁当…💦

 

しかも、最近知ったのですが、

ブロッコリーのすごいところって実はそれだけじゃないんです💦

(てっきり彩り要員だと思っていました…ブロッコリーごめんよ💦)

 

 

イマジン・グローバル・ケアという会社が

世界で始めて「ブロッコリーの健康成分」である

「ブロリコ」を発見し、製品化に成功したそうです。

 

f:id:mottokoikoi:20200519160002p:plain

(画像引用元:ブロリコサプリメント | 【公式】健康食品・サプリメントの通販ならイマジン ヘルスケアショップ

 

↑これが噂の「ブロリコ」という商品です。

一体「ブロリコ」とはどんなものなのでしょうか?

 

詳しく調べてみましたので、ご覧ください。

 

イマジン・グローバル・ケアについて

まずは、「ブロリコ」という商品の開発元である

イマジン・グローバル・ケアについて、簡単にご紹介したいと思います。

 

会社概要
会社名称 イマジン・グローバル・ケア株式会社
所在地 〒106-0032
東京都港区六本木3丁目16番12号 六本木KSビル8F
創業 平成18年6月
主な事業内容 ヘルスケア事業

 

 

健康をサポートする食品を開発

イマジン・グローバル・ケアは、2006年に創業した比較的新しい会社です。

これまで世界になかった革新的な技術や製品で人々の「健康」に貢献することを

ビジョンに掲げ、画期的な食品の開発・製造から販売までを一貫して行っています。

 

創業者の木下弘貴氏がこの事業を始めようと思ったきっかけは、

薬物療法に限界を感じたことなのだそうです。

 

もともと木下氏は、イマジン・グローバル・ケアを創設する前は、

調剤薬局事業を行っていました。2013年に代表を退くまでに、

木下氏の創設した薬局は全国になんと110店舗にまで拡大したそうです。

 

しかし、これだけ調剤薬局事業に成功したにも関わらず、

木下氏は「健康をサポートしたい」という意思から

薬局の代表を辞任し、イマジン・グローバル・ケアを新たに創設します。

 

薬は、病気そのものを治すものではなく、あくまでも対症療法です。

病気そのものにはたらきかけるには、食事や運動などの生活習慣を見直すことが

重要だと木下氏は考えています。生活習慣を変えることは容易ではないので、

健康をサポートする食品を開発しようと考えたそうです。

 

f:id:mottokoikoi:20200519163031j:plain

 

東京大学と共同出願した特許技術で、「ブロリコ」を発見

木下氏は、健康をサポートする食品を開発しようと志してすぐに、

会社経営の傍ら東京大学医学部大学院に入ります。

 

東京大学医学部では、カイコを実験動物として使い、

医薬品や健康食品の開発を行っています。

 

カイコは、マウスなどの哺乳類よりもコストがかからず、

かつ人間の基本構造と非常に似ているのだそうです。

 

人間とカイコは、同じような症状を発症し、同じような成分で治るので

医薬品や健康食品の開発に非常に向いています。さらにコストも低いので

ありとあらゆるパターンの実験を試せます。

 

 

f:id:mottokoikoi:20200519163834p:plain

 

東京大学医学部のカイコを使った研究開発に惹かれた木下氏は、

すぐに共同研究を申込み、自身の資金で健康食品の開発に着手します。

 

そして、約7年の歳月をかけて、完成させたのが「ブロリコ」です。

 

 

ブロリコとは?

「ブロリコ」は、ブロッコリーから抽出された新成分です。

 

f:id:mottokoikoi:20200519171142p:plain

(画像引用元:https://www.youtube.com/watch?v=CBcMihQvL0Q

 

 

約5年間に渡る研究の中で、アガリクスやメカブフコイダン、野菜など、

何十種類もの候補を試した結果、ブロッコリーを加工した成分に

大変高いパワーがあるということがわかったそうです。

 

f:id:mottokoikoi:20200519170117p:plain

 

 

イマジン・グローバル・ケアが世界で初めてこの成分を抽出することに成功し、

『ブロリコ』と命名しました。

東京大学と共同で製造特許も取得しています。

 

f:id:mottokoikoi:20200519165308p:plain

(画像引用元:【ブロリコ】ヘルスケア事業 | イマジン・グローバル・ケア株式会社

 

 

「ブロリコ」の成分は、他の健康食品と比較しても

「健康を維持する力」が圧倒的に高いことがわかっています。

 

なんと、ミツバチが生み出す健康成分「プロポリス」の200倍

アガリクスに含まれる「β-グルカン」の約5.7倍ものパワーがあります。

 

f:id:mottokoikoi:20200519170356p:plain

(画像引用元:https://www.youtube.com/watch?v=CBcMihQvL0Q

 

サプリメントとして飲めるので気軽に長く続けられます。

サプリメントの形状は、粒タイプ、パウダータイプの2種類があります。

 

収穫2日以内のブロッコリーから成分『ブロリコ』を抽出しており、

味は、苦くもなく飲みやすいらしいです。

  


ブロリコサプリメントのご紹介(120秒_C)【イマジン・グローバル・ケア株式会社】

 

 

ブロリコは東京大学と共同で日本、アメリカ、欧州で特許を取得し、

日本・韓国を拠点として、世界に向けて販売されています。

 

いつまでも健康で美しく過ごしたい人々におすすめの商品です。

  

長かった製品化への道

イマジン・グローバル・ケアの創設者・木下氏は、

相当な苦労をして「ブロリコ」を商品化させました。

 

というのも、前述のカイコでの実験を通じて「ブロリコ」が

「健康を維持する力」が強いということは発見したものの、

そこから商品を製品化するまでがまた大変だったそうです。

 

f:id:mottokoikoi:20200519173423p:plain

 

「ブロリコ」の抽出は特許技術を用いる大変複雑な方法で、

特殊な機器も要するため、製造できる工場が見当たらなかったそうです。

 

木下氏が全国を探し回りましたが、対応できる工場がなく、

しかしそれでもやはり『ブロリコ』を諦めることはできなかっため、

結果、自社工場を設立して一次抽出を行うことに決めたそうです。

 

f:id:mottokoikoi:20200519174057p:plain

(画像引用元:トップメッセージ | イマジン・グローバル・ケア株式会社

 

この自社工場を設立するにあたり、調剤薬局会社を売却して得た資金が

底をついてしまったそうです。家族に頭を下げて借金をしたり、

カード会社からお金を借りたりと苦しい思いも経験されました。

 

それでもなお、『ブロリコ』で必ず多くの人を健康にできる、という信念のもと、

木下氏はこの苦しい時期を踏ん張って乗り越えたそうです。

 

販売数250万個を突破

このような紆余曲折を経て生み出さされた『ブロリコ』は、

2019年には販売数250万個を突破するヒット商品となりました。

特に2017年には『ブロリコ』の販売が大きく伸びました。

 

現在は、日本だけでなく、韓国に国外拠点を増やし、

世界中に『ブロリコ』を届けています。

 

f:id:mottokoikoi:20200519174913j:plain

 

しかし、1点ネガティブな話にも触れておきますと、

この「ブロリコ」についてよくよく調べてみたところ、

2019年11月に消費者庁から景表法違反の認定が下ったことはあるようです。

 

具体的には、あたかも「本件商品を摂取するだけで、免疫力が高まり、

疾病の治療又は予防の効果が得られるかのように示す表示」が問題視されました。

 

これはどの医薬品・健康食品・美容商品にも言えることですが、

商品の効果・効能については人それぞれ個人差がありますので、

この景表法に準ずる表記方法というのはとても難しいと思います。

 

効果を謳いすぎると違反だと指摘されるリスクがありますし、

かといって効果を謳わなければせっかくの良い商品であっても

試してくれる人がいなくなってしまいますし・・・。

 

医薬品・健康食品や美容商品を製造する人々の中には、

効果・効能に対する表記方法をどうすればいいのか、

どこまでがPRの範疇で、どこまでが行き過ぎた表記とみなされるのか

基準がわからず悩んでいる方も多いのではないかと思います。

 

美容系のCMでも「みんながみんな、ガッキーや上戸彩になれるわけない」と思いつつ

「美白効果」や「化粧ノリアップ」といった言葉を聞いて、

一回買ってみて楽してみようかなと思いますもんね。

 

過度な表現は控える必要がありますが、自信をもって販売している商品だからこそ、

大きな言葉でアピールしたくなる気持ちはわからなくはありません。

 

兎にも角にも、「ブロリコ」の「健康を維持する力」は、

他の健康食品と比較しても圧倒的に高いといえると思いますので、

これからも多くの人々に愛用される商品であってほしいなと思います。

今後のさらなる研究開発に大きな期待が寄せられます。

 

f:id:mottokoikoi:20200519180423p:plain

 

まとめ

ブロッコリーは、彩りがよい野菜として多くの消費者に好まれていますが、

それだけではなく、高い栄養価も期待できる野菜です。

 

イマジン・グローバル・ケアという会社が、

世界で始めて「ブロッコリーの健康成分」である「ブロリコ」を発見し、

その製品化に成功しました。

 

「ブロリコ」の製品化には、創設者の並々ならぬ苦労がありました。

創設者自ら東京大学医学部大学院に入って研究に勤しんだり、

家族に借金をしてまで自社工場をつくるなどの努力と苦労を経て、

約7年もの歳月をかけて研究開発した商品です。

 

「ブロリコ」には、「プロポリス」の200倍、

「β-グルカン」の約5.7倍のパワーがあり、他の健康食品と比較しても

「健康を維持する力」が圧倒的に高いことがわかっています。

 

2019年には販売数250万個を突破しました。多くの人々から愛されている商品です。

いつまでも健康で暮らしたい人々の味方になってくれると思いますので、

ご興味のある方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

 

<公式サイト>

www.igc-shop.jp