ページ コンテンツ

雲上寺ジェシカの腹ペコBLOG

ホットなニュースでお腹いっぱいにするBLOG

※ネタバレなし※アマゾンプライム9/13(金)配信開始!『バチェラージャパン』の何が面白いのかを徹底的に解説します!!!!

最近思うこと。それは・・・

 

 

キュンキュンしたい><

 

 

もう一度言います。 

 

キュンキュンしたいんです!!!!!!

 

f:id:mottokoikoi:20190903211144p:plain

引用元:https://www.donbei.jp/donzemi/

 

アラサーになると、そんな機会がめっきりなくなりますよね(笑)

『壁どん兵衛』なんてされることなく一生を終えることでしょう(別にいい)。

 

いい年ですし既婚者ですし3人の子持ちですし、

現実世界でときめくような恋がしたいなんて思わないのですが、

ただキュンキュンする機会がないと一気に老けそうだなとは勝手に思っています。

 

40歳を過ぎたアラフォー世代の女性芸能人をみたときに、

「年とらないなあ!綺麗だなあ!」と思う人と

「あれ?ちょっとお年を召したかなあ」と思う人の違いは

ずばりキュンキュンしてるかしてないかな気がします。

 

恋多き女は年を取らないとはよく言ったものです。

不謹慎ですが、スキャンダラスな女性は何歳になっても不思議と綺麗ですもんね。

いくつになってもワイドショーを賑わしている方は小悪魔的な魅力があります。

 

相手が恋人でも配偶者でも好きな芸能人でも何でも構わないので、

とにかく何か「自分のテリトリーをぶち破ってくる存在」がいると

それが刺激になって少しでも美しくあろうと努力するのだろうと思います。 

f:id:mottokoikoi:20190903212738p:plain

 

・・・さて、前段はこのくらいにして、いよいよ本題に入りたいと思います><

そんなキュンキュンを求める私がハマりにハマっている番組があるのです\(^o^)/

 

アマゾンプライムビデオで配信している

「バチェラージャパン」

が大・大・大好きです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

このブログでも何度か取り上げていますね(汗) 

 

f:id:mottokoikoi:20190903211821p:plain

バチェラージャパンシーズン1の写真です

(画像引用元:アマゾンプライムビデオ

 

<過去記事はこちら↓>

www.mottokoikoi.com

www.mottokoikoi.com

 

来週9月13日(金)からいよいよバチェラージャパンシーズン3が始まりますので、

今回はバチェラージャパンの魅力についてたっぷり語りまくりたいと思います!!!

※シーズン3のネタバレはありませんのでご安心ください><

 

 

バチェラージャパンってどんな番組?

簡単に言うと、「現代版大奥」です。

 

f:id:mottokoikoi:20190903222704p:plain

バチェラージャパンシーズン1の写真です

f:id:mottokoikoi:20190903222829p:plain

バチェラージャパンシーズン2の写真です

 (画像引用元:アマゾンプライムビデオ

 

 

「全てを兼ね備えし者」みたいな超ハイスペックな男性1人を巡って、

約20人の女性が熾烈なバトルを繰り広げるという婚活サバイバル番組です。

 

ファーストシーズンでは25人の女性が、セカンドシーズンでは20人の女性が、

たった1人の男性を巡って闘いました。

(ちょっと女性の数多いなと制作側が思ったのでしょうか。

セカンドシーズンは女性の数がやや減っていました^^;)

 

バチェラーを務める男性は、ファーストシーズンは東大卒の起業家、

セカンドシーズンはサイバーエージェントの役員といった、

「ザ・女性が結婚したい男性」というようなハイスペックな方です。

高学歴・高収入・イケメンという三拍子そろった男性です。

 

なんで彼女おらんねん!

と思わずツッコミたくなるようなタイプのまさに「独身貴族」な方です。

 

しかもファーストシーズンもセカンドシーズンも

バチェラーは起業家だったりIT企業の役員だったりして、

「メディアに出ることでビジネスチャンスを広げたい」というような

少しギラギラとした野心家な印象を受ける男性でした。そこがまた魅力のひとつ。

 

会社のトップにいるせいか女性の扱いが上手で、

女性側からするとそこも高印象だったように思います。

 

バチェラーなる1人の男性は、総勢約20~25名の女性の中から、

「結婚したいと思うたった1人の女性」をみつけてプロポーズをします。

その出会いからプロポーズまでの約3ヶ月間を追ったドキュメンタリー番組です。

 

この番組に参加する人は、撮影中は携帯電話を没収され、

自宅にも帰ることができず、外界とは一切遮断された空間で撮影を行います。

否が応でもバチェラーとの恋愛に集中せざるを得ない環境を作っているのです。

 

初回で脱落する人は約1日の拘束時間で撮影が終了しますが、

最後まで残る人は約3ヶ月間拘束されます。

3ヶ月間の撮影に臨める「時間」と、相応の「覚悟」がないと参加できない番組です。

 

バチェラージャパンのみどころ

①勝つか負けるか、シビアなサバイバル合戦

この番組は『婚活サバイバル』と銘打っているだけあって、

ほんわかしたノリではなく、まさに生き残り合戦というテイストです。

地上波のお見合い番組をみたあとでみると、そのギャップに衝撃を受けます(笑)

 

前述の通り、たった1人の選ばれしバチェラーは、

総勢20名の女性の中から1人を選ばなくてはなりません。

女性は約20名の中から選んでもらわないといけません。

 

つまり、めっちゃギスギスします(苦笑)。

f:id:mottokoikoi:20190903225907p:plain

 

女に生まれたら絶対1回は思ったことのある「女って怖いなあ。めんどくさいなあ。」

その感じを100倍に濃縮したような世界観がバチェラージャパンです(笑)

 

女子の集団怖い・・・気の強い女子怖い・・・(T_T)

私、こんなところに放り込まれたら1日でリタイアすると思います(T_T)

 

バチェラーに「性格のよい子」と思われたいがために、

表面上はみんな仲良しなふりをしますが、腹の中はギトギトです。

結構、ガチで喧嘩をしていたり悪口を言い合っていたりします(苦笑)。

バチェラーのみていないところでは普通に喧嘩したりします。

 

どうやって自分だけ目立とうか、どうやって周りを出し抜こうか、

そんな女性の「表」と「裏」が垣間見られる番組です。

 

人間観察系のバラエティなので、

『あいのり』や『テラスハウス』が好きな人はおそらくハマると思います。

 

②セレブなデートにご注目

この番組の面白いポイントの一つが「デート」。

番組が用意したデートプランがめちゃくちゃセレブで、

デートシーンの映像をみているだけで十分癒やされます。

 

例えば、ヘリコプターから花火をみたり。

 

私の場合、高所恐怖症なので実際に乗りたいとは決して思わないのですが

(撃ち落とされそうで怖い笑)、映像でみるとめちゃくちゃ綺麗です。

圧巻の映像美に惚れ惚れします。

 

f:id:mottokoikoi:20190903230448p:plain

 

他にもビーチを貸し切ったり、気球に乗って空から地上の景色をみたり、

日常生活では絶対に味わえないような高級デート気分が味わえます。

 

③旅行気分を堪能

北は北海道から南は沖縄まで、日本全国を旅します。

さらに、番組終盤では海外にも行きます。

 

ファーストシーズンではラスト5名に残った女性たちが海外へ、

セカンドシーズンではラスト2名に残った女性たちが海外へ行きました。

海外の地でバチェラーをめぐっての最後のバトルを行うわけです。

 

f:id:mottokoikoi:20190903231727p:plain

 

特にセカンドシーズンの場合、ラスト2名の最終争いを海外ロケでやったので

「負けた女の子は、帰りの飛行機をどんな気持ちで乗ったんだろうな」と

気の毒に思いました。海外ロケは待ち時間も長いでしょうし、辛いですね><

 

それはともかく、国内有数の観光スポットでの高級デートを一通り見られて、

かつ海外旅行気分も味わえる、というところがイチオシです。

『アナザースカイ』などの旅番組が好きな人は絶対に楽しめる番組だと思います。

 

④緊張のローズセレモニー

毎回番組の最後に「ローズセレモニー」という儀式を執り行い、

バチェラーが「残る女の子」と「脱落する女の子」を決めます

 

バチェラーから名前を呼ばれ、バラを渡してもらえた子は次に進むことができ、

呼ばれなかった女の子は脱落者となります。

 

つまり、視聴者は

誰が残るかを予想して楽しむ

わけです。

 

f:id:mottokoikoi:20190903232701p:plain

 

ちなみに、ロケ初日にも「ローズセレモニー」は行うそうで、

ロケ初日にバラをもらえなかった女性はその場で退場となります。

 

バチェラージャパンに参加するために3ヶ月間有給とってきたのに

一日で帰っていいことになった・・・ということも起こりうるわけですm(_ _)m

(まだバチェラーに恋していないでしょうから傷は浅いかもしれませんが。)

 

そして、番組終盤まで残った女性(ラスト3~4人くらい)は

自分の両親をバチェラーに会わせなくてはいけませんし、

反対にバチェラーの親にも会わなければいけません。

 

この番組終盤で落とされるのもかなりプライドが傷つくだろうなと思います。

 

終盤になっていればバチェラーに多かれ少なかれ恋愛感情はあるでしょうし、

他の女性に負けたくないというライバル意識も芽生えているでしょうし、

何より自分の両親を紹介したタイミングで落とされるのは辛いです。

 

まるで自分の親を否定されたようで両親に対して申し訳なくて辛いです。

過去、親を紹介したあとに落とされた女性はバチェラーにビンタしていました。

(とはいえ、そういう番組なので致し方ないですが。)

 

さあ、20名の花嫁候補を見事に蹴散らし、

最後の一人に選ばれるのは一体誰なのか???

 

それを予想しながらみるのが

バチェラージャパンのみどころです。

 

バチェラージャパンは、一人でみてもあまりおもしろくないかもしれません。

この当落予想を誰かと一緒にしながらみるととっても面白いです。

何でも話せる家族や友人と一緒に「誰が残ると思う?」などと

喋りながらみるのが楽しい番組だと思います。

 

意外と「絶対残るだろう」と思っていた人や「残って欲しい」と思う人が

ダメだったりするとショックを受けたりします(笑)

 

番組序盤は誰が誰だか顔と名前が一致しないのですが、

残っている女性の数が減っていくにつれて覚えられますから

第5話辺りから自然と「推しメン」が出てきます。

 

そうなってからが面白いです!!

 

バチェラージャパンシーズン3、いよいよ9/13(金)から!!

いかがでしたでしょうか?

バチェラージャパンの面白さが少しでも伝わっていたらコレ幸いです^^

 

そして、いよいよ来週9月13日(金)から

バチェラージャパンシーズン3がスタートします!!!

 

f:id:mottokoikoi:20190903233615p:plain

 (画像引用元:アマゾンプライムビデオ

 

 

GWから今か今かとずーーーーと楽しみに待っていたんです><

ファーストシーズンもセカンドシーズンもGWに放送開始していたのですが、

シーズン3は撮影時期も例年より遅れていたので、

放送開始日もやっぱり遅れてしまいましたね><

 

おそらくですが、今回のシーズン3が遅れた理由は

過去2回のシーズンがいずれも破局してしまったからかと思います。

 

今まではバチェラーが誰なのかわからないまま女性を募集していましたが、

今回はバチェラーの正体を明かしてから参加女性を募っていました。

 

番組を盛り上げるためにタレント性の強い人(キャラの強い人)を入れて、

番組を引っ掻き回してもらおうという狙いはあるでしょうけども、

さすがに今回こそは結婚まで行って欲しいとおそらくスタッフも思っているはず!

 

ということで、本気でこのバチェラーと恋愛したい女性を集めるべく、

女性の応募時期を遅らせ、撮影時期も遅れたと思っています。

アマゾンの本気度が伝わりますね。1ファンとして今回こそ結婚して欲しいです。

(じゃないと破局ばっかりだとヤラセ疑惑が出て番組が終わってしまいそう。)

 

今回のシーズン3のバチェラーは

フランス育ちの青年実業家・友永真也(ともなが・しんや)さん。

歌舞伎役者さんみたいな風貌のかっこいい男性ですね。

 

f:id:mottokoikoi:20190903234250p:plain

 (画像引用元:アマゾンプライムビデオ

 

一体どんな番組になるのか楽しみです\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

よし!キュンキュンするぞ!!!!

 

バチェラージャパンシーズン3、

9月13日(金)よりアマゾンプライム・ビデオより配信開始です。

 

f:id:mottokoikoi:20190903234916p:plain

 

↓↓↓

 

<公式サイトはこちら>

www.amazon.co.jp