ページ コンテンツ

雲上寺ジェシカの腹ペコBLOG

ホットなニュースでお腹いっぱいにするBLOG

レイノス株式会社の評判は❓「会社の窮地を救った男✨のエピソード」からスカウト・ヘッドハンティング事業の重要性を読み解く

現在アラサーの私が大学生だったころ(約10年前くらい)は、

いわゆる「就職氷河期⛄」と言われる時期で、企業が学生を選ぶ時代でした❄️

 

f:id:mottokoikoi:20190614105257p:plain

リーマンショックの影響もあり、内定者数が一握りの狭き門でした

 

内定者10名の会社に応募者が3万名集まるというのもザラにありました・・・🌨️

数百倍、数千倍の倍率をくぐり抜けないと就職させてもらえない冬の時代でした🌨️

 

しかし最近は、どこの業界も売り手市場で学生が企業を選ぶ時代が到来しています🌤️

 

f:id:mottokoikoi:20190614110646p:plain

長い氷河期を経て、ようやく雪解けの季節がやってきました

 

厚生労働省の発表によると、2018年3月地点での有効求人倍率は

前年度と比べて1.5倍まで上がり、ここ十数年内でも最大の倍率となりました。

アベノミクス効果でしょうか!?日本が就職しやすい状況になりつつある

というのはとても素晴らしいことです。景気の回復にも期待が持てそうですね^^

 

<厚生労働省のデータはこちら>

www.mhlw.go.jp 

このようにどこの業界も売り手市場になり活気づいている中、

特に転職業界はここ数年はもっぱら売り手市場なのだとか。

 

f:id:mottokoikoi:20190614105717p:plain

 

そんな絶好調の転職業界の中でひときわ異彩を放っている企業があります。

国内最大手のヘッドハンティング会社である「レイノス株式会社」です。

 

レイノス株式会社は、年間1,500名の移籍を実現させているという、

国内最大手のヘッドハンティング会社です。

今回は、レイノス株式会社について特集したいと思います。

f:id:mottokoikoi:20190614111432p:plain

 

レイノス株式会社ってどんな会社?

f:id:mottokoikoi:20190614112348p:plain

 

レイノス株式会社はヘッドハンティング、スカウトの国内最大手企業です。 

2002年にスカウトのサービスを開始し、この業界の先駆者として活躍しています。

設立以来、経営者が抱える課題の解決を支援すべく、活動を続けています。 

 

<公式サイトはこちら>

f:id:mottokoikoi:20190614111314p:plain

https://www.raynos.co.jp/

 

以下がレイノスの年間スカウト成功数の推移です。

 

f:id:mottokoikoi:20190615170316p:plain

(画像引用元:レイノス株式会社

 

このように事業開始から順調に毎年スカウト成功者の数を増やしており、

現在では、毎年約1,500名の移籍を成功へと導いています。

これまでに総勢1万人以上の移籍を成功させているスカウトのプロ集団です。

  

f:id:mottokoikoi:20190615111337p:plain

 

レイノス株式会社のサービスは、

『自ら積極的に転職を模索している人物』というよりも、

『現在の職場で重用され、将来を嘱望されている有益な人物』を対象としています。

こういった有益な人物は、一般の転職市場ではまず出会うことができないでしょう。

 

『現在の職場で重宝され、将来を嘱望されている有益な人物』を、

そういった人物を求めている企業の経営者に引き合わせ、

そして移籍に至るまでの交渉を担います。 有益な人物が移籍することにより、

その企業は売上や利益を拡大させ、企業価値の増大を達成するのです。

 

移籍する人物に自身の能力を最大限に活かせる職場を提供し、

移籍先の企業には即戦力となる優秀な人物を紹介する・・・、

まさに候補者にとっても企業にもってもwin-winなサービスです。

 

現在、日本全国には約400万もの数の会社がある言われています。

この「約400万」という数は、その年によって多少の増減はあるものの、

毎年ほぼ横ばいで変わりません。新たに起業する会社があれば、

一方で倒産してしまう会社もあるためです。

 

レイノス株式会社は、この約400万もあると言われている日本中の会社たちの

「人材配置の最適化」を推し進めている会社です。

 

優秀な人物を移籍させることで会社の未来を明るいものへと変え

ひいては日本の経済成長にも大きく貢献しているといっても過言ではないでしょう。 

 

f:id:mottokoikoi:20190615121534p:plain

 

スカウトの凄さを物語る事例~経営難のUSJをV字回復させた森岡氏~

ここまで読んでいただきありがとうございます^^

今回は少々硬いテーマなので、少しブレイクタイムを設けたいと思います。

 

f:id:mottokoikoi:20190615183017p:plain

 

さて、スカウト事業が「会社の未来を変える」「日本経済に貢献する」

という話について、正直なところ、みなさんはどのように感じましたでしょうか?

 

もしかすると「一定の納得感はあるものの、少し否定的な印象も抱いてしまった」

という方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか・・・(T_T)?

 

もしみなさんの中に否定的に捉える方がいらっしゃるのとすれば

・優秀な人材を引き抜かれた企業はたまったものじゃない。

・優秀な人材は外から連れてくるのではない。自社で育成するものだ。

などというような意見ではないかと思います。

 

現在務めている会社への感謝の気持ちが強い人ほど、

「現在務めている会社を辞めて、別の会社へ移籍する」という行為に抵抗があり、

スカウト事業に否定的な印象を抱いてしまうのではないかと思われます。

 

しかし、そのような意見は一理あるとは思うのものの、

会社を変えるには外からの視点がときに重要であると私は思います。

内側からは決して見えず、外側からでしか見えない景色というものがあるからです。

f:id:mottokoikoi:20190615125756p:plain

 

あるいは、いくら優秀でもずっとその組織に属しているからこそ言い出せない

仮に言ったとしても上司に聞く耳を持ってもらえないというケースも存在します。

 

そういった場合は、内側の力だけで改善を図るには限界がありますので、

外から優秀な人材を新たに入れることが課題解決の近道になります。

経営者も自分が認めて移籍してもらった人材の意見なら聞く耳を持つでしょうし、

外側から変えることで会社全体の風通しがよくなることもあります。

 

f:id:mottokoikoi:20190615183752p:plain

  

それでは、実際の事例をみてみましょう。

たった1人の人物の移籍が会社のピンチを救ったという事例です。

このエピソードをみれば、スカウト事業の凄さが伝わると思います。

 

USJを再建させた森岡毅さん

f:id:mottokoikoi:20190615140122p:plain

(画像引用元:USJ再生の森岡氏が新会社「刀」を作った理由 | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

森岡毅(もりおか つよし)さんは、

経営難に陥っていたユニバーサル・スタジオ・ジャパンをV字回復させた人物

として非常に有名です。著書はベストセラーになっています。

 

森岡さんはもともとP&Gの社員だった人物です。

1996年に新卒入社でP&Gに入り、約14年務め上げ、

P&Gが買収したウエラジャパンの副代表等を歴任するなどの活躍をみせます。

 

P&Gでの活躍ぶりを聞きつけたUSJの当時のCEOは、

「USJの危機を救えるのは森岡さんしかいない!」

森岡さんにヘッドハンティング話を持ちかけます。

 

そして、森岡さんはUSJからのヘッドハンティングを受け入れる形で、

2010年にP&Gを退社してUSJに入社するのです。

 

森岡さんはUSJの弱点を独自の数値マーケティングをもとに定量的に分析し、

それまでの『ハリウッド映画にこだわったテーマパーク』というこだわりを捨て、

『世界最高のエンターテイメントを集めたテーマパーク』へと

テーマパークのビジョンを大きく変えさせます。

 

当時、外部から入ってきた森岡さんがパークの趣旨を大きく転換させたことに対し、

戸惑いや不満を感じたUSJ社員は多くいたそうですが、

この森岡さんの戦略は見事に的中し、USJは劇的なV字回復に成功するのです。

 

映画とは関係のない人気キャラクターを集めた「ユニバーサル・ワンダーランド」

天を見上げて後頭部から急降下する「後ろ向きコースター」など、

これまでの「ハリウッド映画縛りのUSJ」というポリシーのままでは

絶対に作れなかったアトラクションたちが次々と大成功を収めます。

 

そして、その成功で得た資金をもとに、森岡さんは2014年に大博打を打ちます。

『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』の建設です。

 

f:id:mottokoikoi:20190615145220p:plain

(画像引用元:ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™|エリア紹介|ユニバーサル・スタジオ・ジャパン|USJ

 

当時のUSJの年間売上は約800億円なのに対して、

ハリーポッターの建設費用は約400億円はかかるということで

USJのCEOたちはクレイジーだと猛反対しましたが、

森岡さんは「絶対に成功する」と確信して建設に踏み切りました。

 

結果、ハリーポッターの建設は大成功となり、

2014年度の年間集客は過去最高を大幅に更新して1270万人を記録しました。

USJは「関西人がときどき遊びに来るテーマパーク」から

「世界中から客が集まるテーマパーク」へと大きく進化します。

 

私自身、森岡さんがUSJの再建を手がけるよりもずっと前の高校生の頃に、

一度だけオープンしたてのUSJに遊びに行ったことがあるのですがが、

「楽しかったけど一度来たら十分かな・・・」というような感想を抱いたので

それから5年間くらいは足が遠のいていました。

 

しかし森岡さんが入ってからは、友人から「最近USJがめちゃくちゃ面白くなった」

という電話をもらうことがしばしばあり、興味が湧いたので実際に行ってみると

5年前とはまるで違うテーマパークに様変わりしていて驚きました。

 

森岡さん発案の「後ろ向きコースター」には長蛇の列が並んでおり、

2時間並んでもその価値があったと思えるくらいとても楽しくて、

USJは「何度でも遊びに行きたい」テーマパークに変わっていました^^

 

f:id:mottokoikoi:20190615142646p:plain

(画像引用元:森岡毅 - Wikipedia

 

上のグラフが森岡さんが入社してからのUSJの売上推移です。

この人の移籍でどれだけ会社が好転したのかが一目でわかるデータです。

 

森岡さんの入社当時に730万人台まで落ち込んでいたUSJの年間集客は、

森岡さんの着任年から毎年百万人単位で集客を伸ばし続け、

2016年には1460万人にまで集客が伸ばしました。入社当時と比べて約2倍です。

 

USJの集客を倍増させ、USJをV字回復に導いた森岡さんのマーケティング手腕は

日本はもちろん世界中の経営者からも高く評価されています。

まさにたった1人の人物の移籍が会社のピンチを救った事例です。

 

優秀な人材をスカウト・ヘッドハンティングすることが、

会社にとってどれだけ重要なことか、身にしみてわかるエピソードですね^^

 

レイノス株式会社のサービス

たった1人の人物のアイデアが会社の未来を180°明るい方向へと変えてしまう、

まるで魔法使いのエピソードをみているようでとてもワクワクしました。

 

たとえ航海の途中で舵が壊れて大海原に放り出されたとしても

優秀な船員が1人でもいれば、再び航海を大成功に導くことができるのですね^^

 

f:id:mottokoikoi:20190615123223p:plain

  

では、移籍で会社を救ったエピソードからスカウト事業の重要さを学んだところで、

再びレイノス株式会社の話に戻しましょう^^

 

レイノスのスカウト事業は、依頼件数、移籍数において国内最多を誇っています。

先程のUSJの事例からもわかるように、優秀な人材をスカウトできるかどうかは

会社の未来を大きく左右するのです。スカウトに重きを置いている会社は多いです。

 

レイノスの元には、「自社が求める条件に合う人材をスカウトして欲しい」

というような依頼が日本中の企業から届いているようです。

 

f:id:mottokoikoi:20190615163837p:plain

 

レイノスはこれまでの約20年近い経験からあらゆる業種のスカウトに精通しており、

「成長を目指す経営者」と「活躍を期待される人材」の引き合わせを推し進めます。

企業と移籍候補者の未来が輝かしいものになることを願い、日々奔走しています。

 

<レイノスがスカウトできる主な業界・業種>

・建設、不動産業界

・卸売(商社含む)

・小売業

・サービス業界(広告含む)

・情報、通信業界

・倉庫、運輸業界

・金融業界

・食品業界

・医薬品業界

・化学業界(化粧品含む)

・電機、自動車業界

・金属製品業界(部品)

・その他(経営、管理、新規事業立ち上げ、アーリーステージ企業など)

 

このように、レイノスならあらゆる業種・業界のスカウトが可能です。

現在は、200名を超えるリサーチ部隊とエージェントが日本全国で活動しており、

彼らの活躍の元、年間1500名の移籍を実現させています。

 

f:id:mottokoikoi:20190614135108p:plain

 

レイノスのスカウトの流れ

では次に、レイノスはどういう流れでスカウトをしているのか?

スカウトの流れについて具体的にみていきたいと思います。

 

レイノスは個人法人を対象にしたスカウト支援サービスを行っていますので、

それぞれの成約までの流れをみていきましょう。

 

f:id:mottokoikoi:20190614165607p:plain

 

個人の場合

①会員登録

f:id:mottokoikoi:20190614201836p:plain

まずは、レイノス公式サイトの「会員登録ページ」に問い合わせをします。

問い合わせの数日後、担当者から具体的な面談日程についての連絡が返ってきます。

 

「すぐ転職しないといけない」「まだ転職すると決めたわけではない」など、

直近の転職を決めているわけでなくても気軽に利用できます。

 

レイノス担当者が現状と今後のキャリアの展望を伺い、

その人に適した企業が見つかった際にはご紹介の連絡をしてくれます。

転職の強要は一切ないので、まずは気軽に問い合わせてみることをオススメします。

②エージェントとの面談

f:id:mottokoikoi:20190615113957p:plain

担当するエージェントと実際に会って面談をします。

これまでの経歴や仕事への考え方、将来へのキャリアビジョンなどを

ヒアリングした上でその人に適した企業やポジションを見つけます。

 

ときには私的な情報について質問することもありますが、

その人に合った企業を探す上での重要なポイントのひとつとなりますので

答えられる範囲内で伝えておきましょう。答えられないことは無理に答える必要は

ありませんし、担当者からも無理に聞き出すようなことはありません。

③企業とのマッチング

f:id:mottokoikoi:20190615112348p:plain

面談時にヒアリングした内容を元に、

その人の経歴や希望に合う企業がないかのマッチング活動を行います。

  ↓

④企業・ポジションの紹介

f:id:mottokoikoi:20190615193221p:plain

その人にマッチする企業およびポジションが見つかったら、

レイノスの担当エージェントから再度連絡をします。

興味を持てる内容であった場合は、企業との面談に進みます。

⑤面談

f:id:mottokoikoi:20190615154315p:plain

お互いの合意のもと、レイノスの担当エージェントが同席の上で、

候補者と企業経営者で面談を行います。

⑥内定承諾(入社決定)

f:id:mottokoikoi:20190615154227p:plain

⑦入社

f:id:mottokoikoi:20190615154401p:plain

候補者と企業経営者の双方で同意がとれた場合、

晴れて入社、となります。

 

法人の場合

①契約

f:id:mottokoikoi:20190615154446p:plain

法人の場合は、まずレイノスと顧客の間で契約を結びます。

②キックオフMTG

f:id:mottokoikoi:20190615154605p:plain

まず、「どんな人材に入社して欲しいのか」を顧客に確認します。

求めている人材のポジションやその業務に必要なスキルだけでなく、

社風に合う人材の傾向なども詳しくヒアリングし、

「顧客に引き合わせるべき人材像」を明確にします。

③サーチ活動

f:id:mottokoikoi:20190615154902p:plain

顧客からヒアリングした話をもとに、

「顧客の求めている条件にマッチする人物」を探し出します。

 

レイノスの全国100名に及ぶエージェントおよびサーチ部隊が、

過去にレイノスのエージェントと接触した候補者や、

新たなサーチ活動から要望に適した人材を探索します。

 

以下は、レイノスの「サーチ」⇒「面談」⇒「移籍実現」という

それぞれのステップにおける年間の活動量を表した図です。

 

f:id:mottokoikoi:20190615170822p:plain

(画像引用元:レイノス株式会社

 

サーチ部隊は、なんと約30万名もの人材の中から

その企業が求める人物像にマッチする人材を探しているのです。

これまでに総勢1万名以上の移籍を実現しているレイノスだからこそできることです。

④候補者レポートの提示

f:id:mottokoikoi:20190615155025p:plain

顧客の要望にマッチする候補者が見つかったら、

その人物の経歴やスキルなどを記載した人材レポートを顧客に提示します。

顧客が満足した場合は面談へと進みます。

顧客が他の人材を希望した場合は、③のサーチ活動を再び行い、

顧客が満足する人材に出会えるまで調査を繰り返し行います。

⑤面談

f:id:mottokoikoi:20190615154315p:plain

ここからは個人の顧客と同じ流れです。

お互いの合意のもと、レイノス株式会社のエージェントが同席の上で、

候補者と企業経営者で面談を行います。

⑥採用内定通知の発行

f:id:mottokoikoi:20190615154637p:plain

双方の合意がとれたら、晴れて内定(移籍成立)⇒入社となります。

 

素朴な疑問:どこから私のことを知ったのですか???

ところで、スカウトされる側の人間が抱く疑問ナンバーワンは、

「わたしのことは一体どこで知ったんでしょう・・・?」ですよね(苦笑)

 

いきなりレイノス株式会社から電話がかかってきたら驚くでしょうし、

まさか個人情報が漏れているんじゃないのかと不安になってしまいますよね。

 

f:id:mottokoikoi:20191023160929p:plain

 

レイノスのスカウトは正攻法なのでご安心ください

以下のいずれかの調査方法でスカウト候補者を選定しています。

 

調査方法①新聞・雑誌などの公開情報から

f:id:mottokoikoi:20191023161322p:plain

・新聞(全国紙、業界紙)

・ビジネス雑誌

・専門誌等

などの公開情報からスカウト候補者を収集しています。

 

よくメディアに出ているような企業の広報活動をされている方は

スカウトのお声がかかる可能性が高いです。

 

調査方法②顧問からの推薦

f:id:mottokoikoi:20191023161607p:plain

レイノスにはパートナー契約を結んでいる1,300名超の顧問がいます。

様々な業界のクライアント経営者から依頼を受けますが、

依頼主のある経営者が求める人物像と顧問が推薦する人物像がマッチした場合、

その人にスカウトの声をかける場合があります。

 

調査方法③知人・友人からの紹介

f:id:mottokoikoi:20191023162026p:plain

現在もしくは過去の上司、部下、同僚、取引先、友人、知人等からの紹介で

スカウトの声がかかる場合もあります。

 

社内外の信頼できる人脈を介した紹介は、スカウトのコストも抑えられて、

経営者の求める適性に見合った人材を探しやすいという利点があります。

 

レイノス株式会社では、常時500超のクライアント経営者から依頼を受け、

候補者との引き合わせを進めています。決して怪しいルートであなたの電話番号を

仕入れることはありませんし、あなたに転職を強要することはありません。

 

もしスカウトの電話があったら今後の自身のキャリアを考える意味でも

ぜひ一度エージェントに会って話を聞いてみてはいかがでしょうか?
 

レイノスのスカウト事例

レイノスがスカウトした人は移籍先企業でどのくらい活躍しているのか?、

レイノスはどういった能力の人材をスカウトしているのか?、

実際のレイノスのスカウト・ヘッドハンティング事例をみていきたいと思います。

以下は、レイノス株式会社のスカウト事例から引用しています。

 

レイノスのスカウト事例①  移籍先企業を入社1年半で黒字転換!売上は2億⇒4億へ倍増!!!

▼プロフィール

f:id:mottokoikoi:20190615172519p:plain

 

前職の会社で営業成績1位で支店長を任されていたトップ営業マンが

売上約200億円の携帯電話小売業の会社へと移籍しました。

その仲介をレイノス株式会社が担いました。

 

移籍したトップ営業マンは、立ち上げ以来2年間赤字続きだった法人営業部を

入社からわずか1年半で黒字に転換させることに成功します。

この人が移籍したことで、会社の売上は2億円から4億円に倍増しました。

 

レイノスのスカウト事例② 管理部業務全般に対応可能なプレイングマネージャーをスカウト!

▼プロフィール

f:id:mottokoikoi:20190615173101p:plain

 

多くの企業が喉から手が出るほど欲しがる職種の一つが、管理部のスペシャリスト。

管理部というのは、管理部内の仕事だけやっていればいいとはいう役割でなく、

その会社の全部署の様々な課題を解決しないといけない役割なので、

一つの分野に限らずありとあらゆる分野に長けているとより重宝されますよね。

いわば、その会社のブレーンとも言うべきポジションです。

 

レイノスは、経理・財務・原価計算・総務・人事・労務・法務、

管理部業務全般に対応可能なプレイングマネージャーのスカウトに成功!

このような引く手あまたな貴重な人材のスカウトの成功実績がたくさんあります。

 

レイノスのスカウト事例③ 国内菓子売上高ランキングで10年連続トップ5にランクインする商品の開発責任者をスカウト!

▼プロフィール

f:id:mottokoikoi:20190615174137p:plain

 

誰もが知っている有名なキャンディーの開発責任者が

鳥取県にあるお菓子メーカーに移籍。その仲介をレイノス株式会社が担いました。

 

この移籍は、移籍先企業(鳥取県のお菓子メーカー)の業績を好転させました。

レイノスを介さないと会えないであろう人材との引き合わせに成功したという、

非常にロマンのある事例だと思います。

 

こういった移籍を成功させることで地方の中小企業も活性化し、

そして日本全国の経済が大きく発展していくのです。

レイノスのスカウト事業は日本経済の発展に大きく寄与しているといえるでしょう。

 

まとめ

レイノス株式会社は、年間約1,500名の移籍を成功へと導いている,

ヘッドハンティング、スカウトの国内最大手企業です。

2002年の創業からこれまでに総勢1万人以上の移籍を成功させた実績があります。

 

レイノスでは一般市場では出会えないような経営課題解決のカギとなるような

優秀な人材を探し、引き合わせをします。

 

企業の業績を向上させるためには、優秀な人材の獲得とその活躍が不可欠です。

興味のある方はレイノス株式会社に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

 

<レイノスへの問い合わせはこちらから>

https://www.raynos.co.jp/corporation/