ページ コンテンツ

雲上寺ジェシカの腹ペコBLOG

ホットなニュースでお腹いっぱいにするBLOG

倒壊の危機!? 世界遺産のタージ・マハルが消滅する可能性大

インドのアーグラという都市にある世界遺産「タージ・マハル」が

存続の危機に瀕しているそうです。

 

f:id:mottokoikoi:20181204111643p:plain

 

タージ・マハルは、インド北部アーグラにある建築物で、

インド・イスラーム文化を象徴する代表的建築です。

ムガル帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーンが、

愛妃のために建設した総大理石の墓廟です。

 

 

1983年にユネスコに世界文化遺産に登録され、

世界中から多くの観光客が訪れています。

 

 

世界文化遺産に登録されていますから、

これまでに多額の費用をかけて修繕していると思います。

にも関わらず、なぜ倒壊の危機に瀕しているのでしょうか?

 

 

理由は大きく2つあり、

1つ目はタージ・マハル周辺の水質汚染。

(このように周辺は水で囲まれています。)

f:id:mottokoikoi:20181204113114p:plain

 

 

もう1つは、

タージ・マハルの建物そのものが古くなり

亀裂が入っていること。

 

 

このままではタージ・マハルの存続が難しく、消滅させる可能性が高いそうです。

観光客の減少にも繋がるのでインドも本意ではないでしょう。

私も大変残念です(T_T)

f:id:mottokoikoi:20181204113629p:plain

 

しかしながら、倒壊事故が起こってしまってからでは遅いので、

これまでに多額の費用をかけて修繕をしてきたにも関わらず、

存続が難しいということであれば、撤去するのは止むないと思います。

 

 

世界遺産がどんどん増えていく一方で、

このように劣化して消滅する遺産もあるのだなあと思いました。

 

 

世界遺産は永遠に存在するとは限りません。

興味を持ったらその地を訪れないと、いつか後悔しそうです><