ページ コンテンツ

雲上寺ジェシカの腹ペコBLOG

ホットなニュースでお腹いっぱいにするBLOG

「サグラダ・ファミリア」は 136年間ずっと違法建築物だった! ようやく正式な建築許可が下りる

未完の教会「サグラダ・ファミリア」にようやく建築許可が下りたらしいです。

 

 

なんと136年越しに。

 

f:id:mottokoikoi:20181023125819p:plain

(画像引用元:https://www.jiji.com/jc/article?g=int&k=2018102200175&p=0181022at04&rel=pv

 

 

 

136年もの間、違法建築物状態。

 

 

「サグラダ・ファミリア」は建築家アントニオ・ガウディの代表作です。

 建築開始から136年が経過しようやく正式な建築許可が下りました。

 

 

毎年約450万人が訪れるという世界的に有名な教会なのに、

取り壊すこともなく、施工することもなく、

ただただそのまま立っているということが衝撃でした。

日本だと考えられないですね(@_@;)

 

 

先日家族旅行で「東武ワールドスクウェア」に行きまして、

ミニチュア版のサグラダ・ファミリアをみながら

「いつ完成するんだろうね?」

子供「一生しないと思う」

「なんで完成しないの?未完の美学なの?」

子供「わかんない」

「そっかあ。残念だねえ。」

子供じゃあ、○○(子供の名前)が続き作る!

「おー、すごーい。ママが生きてる間に完成させてね。」

子供「うん」

などという会話をしたばかりだったので(笑)

タイムリーなニュースに驚きました。

 

 

勝手に「未完の美学」なんて言っててごめんなさい。

完成させる気あったんだ(笑)とびっくりでした。

 

 

ロイター通信によると、

教会が市に道路補修費などとして約46億を支払うことで合意し、

めでたく建築許可を得られることになったそうです。

 

 

ガウディの死後100年となる2026年をめどに完成する見通しだそうで、

完成したら行ってみたいなと思います。