商品・サービス

ウィンプラザは催眠商法❓怪しい❓株式会社JKSにまつわる噂の真偽を調べてみた💡

Pocket

自然食品や美容商品を扱う「ウィンプラザ」というショップがあります。
株式会社JKSという会社が運営しており、千葉県成田市に本社を構えています。

実はこのウィンプラザには、以前から良くない噂があるそうです・・・😢😢😢
具体的には「催眠商法を使っている」という噂が出ているのだそうです。

催眠商法とは、催眠術的な手法を導入し、冷静な判断が出来なくなった消費者に
高額な商品を販売する商法のことを指します。

「催眠商法」という言葉は昔からよくありますが、私が催眠術を信じていないこともあり、
2021年の現在にこんな違法商法で物を売る会社があるとは信じられません
この噂が事実ではないとしたら、会社にとっては名誉毀損以外の何者でもないと思います。

今回は、「ウィンプラザ」というショップと、
その運営会社である「株式会社JKS」にまつわる評判や口コミ
そして催眠商法という怪しい噂に関する事実関係を調査してみました。

株式会社JKSについて

内容 詳細
社名 株式会社JKS
設立年月日 2011年1月13日
事業内容 健康関連商品の販売、訪問医療マッサージ
代表取締役 川村明弘


株式会社JKSは、健康補助食品、自然食品を中心とした
商品の提供を移動店舗にて宣伝販売する会社です。

創業は2011年1月。東京都中央区日本橋から株式会社JKSは始まりました。
比較的歴史の新しい会社です。

2011年当時は、通販事業で取り扱う商品の周知及び販売を目的とした
イベント店舗を開催していました。イベント店舗での対面販売を行った形式が
現在の店舗形態として確立しました。

健康で笑顔があふれる暮らしを創造するという、
いわば社会への「コンシェルジュ」のような役割を担っています。

豊かな暮らしに不可欠な「健康」サポートをはじめとして、
生きがいの創造、ライフステージの提供など社会全体を見渡す視野を
持って、真の幸せ・豊かさとは何かを追求しています。

株式会社JKSの主力の商品は健康補助食品ですが、それだけではありません。

健康補助食品の販売だけでなく、普段の食事を大事にしながら健康づくりの意識を高め、
安心安全な食材の提供を行いたいという観点から農業分野への参入をはじめました。

2012年より農業法人としての新会社を設立し、それを機に、
現在では本社を千葉県成田市へと移転しています。

株式会社JKSの事業概要

現在は、北海道・沖縄を除くエリアで1ヶ月限定のイベント店舗を5店舗開催しています。
この店舗名が「ウィンプラザ」です。ウィンプラザについては後述で詳しく取り上げます。

店舗では、通信販売で取り扱う商品の説明と試供品等の配布を行っています。
また、試供品の配布だけでなく、購入を希望する顧客には販売も行っています。

他にも、運動・食事など日々生活に必要な情報や
最先端の健康情報を顧客に提供しています。


このように「ウィンプラザ」では店舗販売と通信販売の両方で商業展開していますが、
購入してくれた顧客が喜んでくれるような様々な特典を用意しています。

例えば、お店で商品を購入した顧客のうち、
株式会社JKSの規定を満たした人はゴールド会員に昇格できます。

ゴールド会員になると、店舗終了後に開催される会員限定の集り会に参加でき、
各担当者によるアフターサービスを受けられます。

この特典は、それぞれの地域で行っているので、
都心に住んでいない顧客も日程調整をすれば参加可能です。

株式会社JKSのターゲット層

健康や美容というと、幅広い世代をターゲットに販売しているような印象を受けますが、
株式会社JKSはどういう層をターゲットに日々活動しているのか調べてみました。

まず第一に、健康に興味がある人をターゲットにしているそうです。

老若男女問わず、昔に比べて健康志向の人が増えているように感じます。
新型コロナウイルスの流行と、それに伴う感染症対策の徹底も、
人々が健康を強く意識する一つのきっかけになったと思われます。

株式会社JKSでも、以前は、60代以降の顧客が中心でした。
商品の購入層は、60代以降の女性が圧倒的に多かったそうですが、
ここ数年は40代や男性の顧客の来場も増えており
購入層も40~60代の占める割合や男性の購入者も増えてきた傾向があります。

第二に、夫婦で来店するケースをターゲットにしているそうです。

株式会社JKSという会社や店の雰囲気やスタッフの人柄が顧客にマッチしているか
商品の説明や購入に対して理解してもらえたかなど、
意思決定という観点で夫婦の相互理解の上で購入可否を判断するため、
夫婦で来店するケースは購入率がアップする傾向にあるのだそうです。

他にも、夫婦で来店する場合は、購入率のアップだけでなく、
購入後のクレームや解約などに繋がりづらいというメリットがあります。

これは、株式会社JKSに限らず、他店でも同様かと思います。
妻あるいは夫が、配偶者に黙って商品を購入した場合に、
あとになって「やっぱり夫(妻)に反対されてしまって返品します」となるケースが
多々ありますので、最初から夫婦そろって来店した方が話がまとまりやすいです。

なお、株式会社JKSでは、店長が日々店舗の趣旨や健康情報の提供を中心に、
すべての商品説明を行い販売を実施しています。商品の契約、クーリングオフの説明から
納品、入金処理などはアシスタントと呼ばれているスタッフが執り行っています。

ウィンプラザについて

次に、株式会社JKSが運営している「ウィンプラザ」というショップの内容について
詳しく述べていきたいと思います。

1ヶ月の期間限定のイベント店舗を開催するという販売スタイルが大きな特徴です。

ウィンプラザの商品概要

product/product.html”]

ウィンプラザの取扱商品は、大きく分けると以下です。

  1. 食品・飲料
  2. 日用品・美容商品
  3. 健康用品・健康食品

食品・飲料は、安心安全な無添加食品を中心に、厳選した素材を提供しています。
米や油、卵、野菜ジュース、大豆、調味料などを取り扱っており、
いずれも原材料や生産地などにこだわり抜いた選りすぐりの商品です。

日用品・美容商品は、人気のコスメや美と健康に役立つヘルスケア商品が満載です。
なた豆を使った歯磨き粉や、セラミックドライヤー、ダニよけマットなど、
身体にも心にもやさしい商品を取り扱っています。

健康用品・健康食品は、理想的な自分を目指す人のための健康保持商品です。
テラネックレスやパルストレーナーなどの機器を取り扱っています。

ウィンプラザの商品のこだわり

ウィンプラザの商品はアイテム数こそ少なめではありますが、
他社には真似できないオンリーワンの商品を取り扱っております。

例えば、特に栄養補助食品に関しては同業他社と商品内容が重複しないように、
内容を含めプレミアム感のある商品を取り扱っております。

特徴としては安心安全の原料と信頼のある製造過程と工場で作られていることです。また、成分に関しては、研究者や開発者によるエビデンスのしっかりある原料を使用しています。

これらが株式会社JKSが自信をもって顧客に商品を勧められる自信にも繋がっています。

株式会社JKSの従業員によると、ウィンプラザの商品を愛用する多くの顧客から
元気になったよ」「長生きする目標ができた」などの喜びの声が届いているそうです。

株式会社JKSの従業員にとってこういった喜びの声が何よりもうれしいそうで、
現場スタッフは前向きな気持ちで日々の業務に励んでいます。

ウィンプラザの商品誕生秘話

ウィンプラザを始めてばかりの頃は、試行錯誤の連続だったそうです。

1ヶ月開催する期間限定のイベント店舗という性質から、

  • 集客をどのように行うか?
  • 毎日来場してもらうためにはどうすればよいか?
  • 商品の選定基準はどうするのか?
  • 販売方法をどのように行うか?

など、考えることはたくさんありました。

顧客からの声も参考にしつつ試行錯誤を繰り返し、
役員会や営業会議での討議やメーカー担当者との度重なる協議をもとに
現在の体制を作り上げることに成功したそうです。

創業後すぐにある程度の販売方法は確立しましたが、
創業から5年経過するころややマンネリ化してしまい業績が低迷した年があり、
その時に人・商品・仕組み・コンプライアンスなどの見直しを一斉に行ったそうです。


大きく変更を加えた結果、自分たちが中心の販売ではなく、
顧客のニーズの掘り起こしと顧客目線に立って販売することが必要と考えました。

そして、会社全体でその考え方と方向性と目標を共有し、業務に励んだところ
翌年には業績が回復したそうです。

さらに、顧客満足の向上のため、アフターサービス部門にも力を入れました。
商品購入者には会員制度を設け、ゴールド会員様としてきめ細やかなサービスを行える
アフター事業部も設立しました。

現在では、不定期ではありますが、23チームで各エリア担当者を置き、
店舗終了後の商品のアフターサービスと顧客フォローに努めています。

ウィンプラザの評判は、今日に至るまでの従業員達の努力の賜物なのです。

ネット上で記載されている催眠商法について実際はどうなのか?

しかし一つ良くない評判も上がっているようで、
この「ウィンプラザ」について、ネットで検索してみると、
催眠商法を使っていると怪しい噂を目にするのです・・・😢

実際のところはどうなのか?事実関係を調べてみました。

睡眠商法に関してはネット情報で調べただけは何が事実かわからないので、
実際に株式会社JKSに取材で問い合わせてみました。

以下、株式会社JKS側からの回答です。

ネット上に存在する弊社に対する口コミに関しては、会社として何らか評価を
いただけたということで嬉しい限りですし、ネガティブ記事に関しては内容の全てが
当てはまっているのであれば真摯に受け止めて改善に努める所存です。

しかしながら、一部根も葉もないでっち上げの記事も見受けられます。その場合、
弊社を知らない方が、嘘の記事を信じてしまうことが残念で仕方ありません。

催眠商法に関してですが、50年以上前から催眠商法と呼ばれる販売方法が存在し、
現在でも一部問題となっておりますことは私共でも把握しております。

しかし、弊社の販売方法はその類ではございません。催眠商法では、
例えば消費者の冷静さをなくすこと、商人の購入意欲を煽る手法がとられていますが、
弊社では一切行っておりません

販売におきまして以下4つのことに気をつけて業務を行っております。

  1. 販売日を明確に設定する
  2. 常に商品の販売は事前にお客様に告知をする
  3. 販売日までには商品の特徴、商品代金、アフターサービス内容、契約に基づく告知内容を伝えること
  4. 80歳以上のご高齢の方や認知機能に問題があるであろうと判断した場合は、お客様から購入の申し出がある場合でも例外なく販売を控えております。

催眠商法で一番の問題点は、消費者が商品の購入を冷静に考える環境と時間を
失わさせて高額な商品の販売をし、最終的にお客様の不利益になってしまうところです。

上記より、消費者保護の観点と健全な事業を行う目的で「健康関連取引適正事業団」に
加盟して世間より誤解のないような営業活動を行っております。

イベント店舗では毎月営業地域が変わりますのでその都度、
健取団を通して所轄の警察関係、消費生活センターへ営業活動の連絡および通知書を
送付し、地域での円滑な店舗運営とトラブルが生じないよう月1回の役員による
店舗巡回で監査を行い同業他社にはない企業努力を継続して行っております。

とてもご丁寧に回答をいただきましたが、調べてみると催眠商法は全くの事実無根でした。

それどころか、80歳以上の高齢者や認知機能に問題があるであろう方だと判断した際は、
顧客から購入の申し出がある場合でも例外なく販売を控えている
など、
念には念を入れた対策を講じているようにすら思えます。

取扱商品の中には高額な物もありますから、自己判断での購入が難しいと判断した場合には
本人が欲しいと言っても応じず、保護者や御家族の判断に委ねるようにしています。

ここまで徹底的に安全安心な販売スタイルを貫いている
株式会社JKSに根も葉もない噂が立つのは信じられず、許せない気持ちにすらなります。

まとめ

今回は、株式会社JKSのサービス概要や同社にまつわる噂について調査いたしました。

株式会社JKSは、健康補助食品、自然食品を中心とした商品を提供している会社で、
「ウィンプラザ」というショップ名の移動店舗で販売活動をしています。

健康に興味のある人にとても人気があり、以前は60代以上の顧客が中心でしたが、
ここ数年は40代以降の方や男性の来場も増えているそうです。


比較的高齢の顧客が多かったせいか、一部ネットでは催眠商法を行っているという噂も
立っているそうですが、これは根も葉もないデマです。

他社には真似できないオンリーワンの商品を取り扱っているので、
これからも根も葉もない嘘には負けず、
プレミアム感のあるオンリーワンの貴重な商品をどんどん販売して欲しいと思えます。

<株式会社JKS公式サイトはこちら>

 

ABOUT ME
mottokoikoi
3児の母でアラサー専業主婦。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。