ページ コンテンツ

雲上寺ジェシカの腹ペコBLOG

ホットなニュースでお腹いっぱいにするBLOG

わずか75グラムの命を守る🍼南紀白浜『アドベンチャーワールド』の「パンダの子育て🐼」に密着

春休みに家族で南紀白浜🏞️に旅行に行きました^^

 

f:id:mottokoikoi:20190402101826p:plain

 

パンダと言えば東京の上野動物園が有名ですが、実は南紀白浜も凄くて、

白浜のアドベンチャーワールドは日本一パンダが多い動物園🐼なのです!!

 

現在、日本には10頭のジャイアントパンダ🐼がいます。

上野動物園の3頭、王子動物園の1頭、そしてアドベンチャーワールドの6頭です。

アドベンチャーワールドは圧倒的なパンダ育成能力🍼を誇っているのです。

 

特に注目なのが、昨年夏にアドベンチャーワールドで生まれた

メスの赤ちゃんパンダの「彩浜」(さいひん)ちゃん🐼

↓↓↓

f:id:mottokoikoi:20190402102836p:plain

(画像引用元:ジャイアントパンダ|動物の紹介|アドベンチャーワールド

 

わずか75グラムというアドベンチャーワールド🎢史上

もっとも小さく生まれて元気に育った「彩浜」ちゃん🐼が

元気にすくすくと育っているとテレビで特集をやっていて、

見ていた子どもたちが「行きたい行きたい!!」と言うので

春休みの旅行先は南紀白浜🏞️になりました(*^^*)

 

なぜアドベンチャーワールド🎢では

こんなにもパンダ🐼が生まれ育つのか?

 

アドベンチャーワールド🎢に密着したNHKの番組映像と

実際に旅行に行ったときの情報を元にその秘密に迫ります。

 

一般的に、パンダ🐼の繁殖は非常に難しいと言われています。

f:id:mottokoikoi:20190402104533p:plain

 

パンダ🐼は平均200グラムという小ささで生まれてくるため、

死亡率が高いのです。(彩浜ちゃんはさらに小さい75グラム🍼でした。)

人間の手のひらに乗るサイズです。

↓↓↓

f:id:mottokoikoi:20190402121548p:plain

(画像引用元:https://pandababy-aws.com/childbirth/index.html

 

安全のために人間が介入して育てたとしても生存率は約8割と言われており、

母親パンダだけで育てた場合はさらに生存率は下がります。

 

ジャイアントパンダは、自然界ではさらに生存するのが難しく、

野生では中国の限られた場所でしか生息していません。

世界でおよそ2,000頭しか生息しておらず、絶滅のおそれのある動物です。

個体数を維持するために、約400頭が動物園などで人の手で飼育されています。

 

赤ちゃんパンダは小さく死亡率が高いため、

動物園では赤ちゃんパンダを親から引き離して人間の手で育てるのが一般的です。

 

しかし、人間が24時間体制で育てた方が助かる可能性が高いのですが、

母親の愛情を知らずに育ったパンダは積極性に欠け、

子供を作ろうとしなかったりと繁殖の面で課題があるそうです。

 

そこで、南紀白浜アドベンチャーワールドでは、

「母親と赤ちゃんが一緒にいる飼育環境で

人間が24時間体制で世話をする」

という方法をとっています。

f:id:mottokoikoi:20190402121750p:plain

(画像引用元:https://pandababy-aws.com/childbirth/index.html

 

この方法がアドベンチャーワールドが世界屈指の繁殖実績をあげている理由です。

以下がアドベンチャーワールドのパンダ家系図🐼です。

沢山のパンダ🐼がアドベンチャーワールドで生まれ育ったことがわかります。

↓↓↓

f:id:mottokoikoi:20190402113827p:plain

(画像引用元:ジャイアントパンダ|動物の紹介|アドベンチャーワールド

 

 

アドベンチャーワールド🎢では、

最低限の健康チェック以外は、母子を引き離さずに一緒に過ごさせます。

 

パンダが本来持っている母性を大切にする飼育方法を実践しており、

その第一歩として、出産後は母親自身に授乳を促します。

 

出産後に母パンダ🐼が疲れきって母乳をあげられない場合、

一般的には人間が赤ちゃんパンダ🐼にミルク🍼をあげますが、

アドベンチャーランドは母パンダ🐼が赤ちゃんに母乳をあげるのを待ち続けます。

 

母パンダが母乳をあげない場合、

人間が代わりにミルクをあげないと赤ちゃんパンダの命に関わるのですが、

母パンダの母性を信じて何十時間も辛抱強く待ち続けるのです。

 

10年以上パンダの飼育に関わっているベテランスタッフが、

このギリギリの命のラインを見極めます。

母パンダが赤ちゃんパンダを抱き寄せて母乳をあげれば第一段階クリア。

 

母乳に含まれる免疫が赤ちゃんを守ってくれますし、

母乳をあげることで母パンダに母乳が芽生え、

母親からの愛情を感じると赤ちゃんも元気に育ってくれるのです。

 

アドベンチャーランドのスタッフは、人間が母親代わりになるのではなく、

赤ちゃんパンダを育てるのは母パンダである🐼と考えています。

親子関係を作れる環境づくりを整え、スタッフはお母さん代わりではなく、

「親子をサポートする立場」で動くことを徹底しています。

これがアドベンチャーワールドがパンダの育成に強い秘訣です。

 

これがお母さんパンダの「良浜(らうひん)🐼」

赤ちゃんパンダの「彩浜(さいひん)🐼」の親子ツーショット!!

こーーんなにも仲良しなんです\(^o^)/\(^o^)/

f:id:mottokoikoi:20190402122842p:plain

(画像引用元:ジャイアントパンダ親子公開|アドベンチャーワールド

 

アドベンチャーワールドでは、パンダやイルカをはじめ、

陸・海・空のさまざまな動物たちが暮らしています。

パンダを近くで見られるツアーアトラクションもあり、

うちの子どもたちも大満足そうでした(*^^*)

わざわざ遠くまで旅行に来てよかったです!!

↓↓↓

f:id:mottokoikoi:20190402122725p:plain

www.aws-s.com

 

南紀白浜🏞️、旅行先としてオススメです。

上野動物園によく行っている私や子どもたちも十分楽しめました!!!

アドベンチャーワールドにはアドベンチャーワールドにしかない良さがあります。

 

興味のある方はぜひ6匹のパンダ🐼🐼🐼🐼🐼🐼に会いに

アドベンチャーワールドに行ってみてください\(^o^)/

 

白浜旅行の後編も書いています💞

こちらからどうぞ💞

↓↓↓

www.mottokoikoi.com