ページ コンテンツ

雲上寺ジェシカの腹ペコBLOG

ホットなニュースでお腹いっぱいにするBLOG

《変わった生き物》男が子供を産む!?タツノオトシゴ

雲上寺ジェシカの変わった生き物シリーズ。

今まで何度もブログに登場しているとおり、私は動物が大好きです♪

 

 

今回は「変わった出産をする生き物」として

「タツノオトシゴ」について取り上げます。

 

 

出産といえば、私は二番目の子供を産むときに、

臨月にストレスでナーバスになり、

異常な動悸・息切れ・発汗に苦しみましたm(_ _)m

幸いにも、出産が予定日より遅れ、

発作のピークと出産日がずれたため無事出産できました。

(太り過ぎ?が原因かもしれませんが><)

 

 

コアラやカンガルーのように1円玉サイズで小さく産んで

産んでから袋の中で大きくしたいと心から思ったものです(笑)

f:id:mottokoikoi:20181106131646p:plain

 

 

そんなときに「人間以外の生き物」について調べていると、

一瞬でも嫌なことを忘れることができて気が紛れました。

さて、今日はそんな生き物の不思議の中から、

「タツノオトシゴ」について取り上げます。

 

 

オスが出産するタツノオトシゴ

f:id:mottokoikoi:20181106130251p:plain

(画像引用元:オスが出産!?愛情たっぷり「タツノオトシゴ」の子育て - NAVER まとめ)

 

このぽっこりお腹のタツノオトシゴは、オスです。

タツノオトシゴは、オスが子供を産むのは有名ですよね(*´∀`*)

 

 

厳密に言えば、産んでいるのはメスです。

「出産はメスが行う」――、これは地球上の全ての生物に共通します。

 

 

ではなぜオスのお腹が大きいのか?

答えは、「メスが産んだ卵をオスがお腹の中で育てているから」です。

オスの腹部には育児嚢(いくじのう)という袋があり、

ここでメスが産んだ卵を稚魚になるまで保護しているのです。

 

 

オスのお腹が膨れ、まるで妊娠したような外見となるため、

「タツノオトシゴはオスが妊娠する」という表現を使われることがあります。

(厳密に言えば、オスは出産するけど妊娠はしないのでこの表現は誤りです。)

 

 

貴重な出産シーンがこちら↓

産んでいるのはオスです。卵から稚魚まで育てたら出産します。


タツノオトシゴの出産シーン

 

1回の出産で、50尾から最大1000尾の赤ちゃんを出産します。

赤ちゃんのサイズは約5~10mmです。

 

 

ここまで大事に大事に育ててきたタツノオトシゴの赤ちゃん。

しかし残酷なことに、出産されると稚魚の殆どが食べられてしまいます。

なんと親も食べます(´;ω;`)

 

 

 

えーーーーーーーーーー(@_@;)!!!!!!!!!!!!!!

「親も食べるんかいっっっっっっっ」

とツッコまずにはいられません(笑)

 f:id:mottokoikoi:20181106133413p:plain

 

 

生物界きっての「イクメン」かと思いきや、そうでもないようです(涙)

母性&父性<<<越えられない壁<<<食欲なんでしょうね。

 

 

余談ですが、私はあんまり「イクメン」という言葉が好きじゃありません。

イクメン議員とかイクメン芸能人とか、

子供がいるというだけで必要以上にもてはやされる風潮が謎。

f:id:mottokoikoi:20181106133719p:plain

f:id:mottokoikoi:20181106133848p:plain

 

 

激しく同意。