人物

垂見圭竹(垂水圭竹)が手がける空間芸術🌹「フラワーアーキテクト」の世界🌺

Pocket

今回は、フラワーアーキテクトとして活躍している
垂見圭竹(垂水圭竹)さんという方の経歴を紹介しつつ、
奥深い「花の世界」に触れてみたいと思います。


(画像引用元:https://kc-kitchen.com/blog_posts/keichikutarumi/

垂見圭竹(垂水圭竹)さんは、華道の師範という資格を活かしつつ、
華道の領域を超えた「花と空間」の革新的なプロデュースを行っています。

垂見圭竹(垂水圭竹)のプロフィール・経歴

プロフィール情報
  • 氏名:垂見圭竹(垂水圭竹) (読み:たるみ けいちく)
  • 職業:フラワーアーキテクト、株式会社ラダック 代表取締役社長


(画像引用元:https://kc-kitchen.com/blog_posts/keichikutarumi/

経歴

垂見圭竹(垂水圭竹)さんと花との出逢いは幼少期からでした。
幼少より茶道や華道を嗜み、その経験を活かして師範となります。

その後、株式会社竹中工務店に入社。

株式会社竹中工務店では「設計部」に所属し、
空間デザイン建築物の設計に関するノウハウを学びました。

これらの経験で培った「華道」と「空間デザイン」の知識を活かして、
1997年に『LADAKH flower studio』を設立します。

<公式サイトはこちら>

『LADAKH flower studio』は、
「花と空間の調和」を基軸にしたフラワースタジオです。

サイト内には、[垂見圭竹 事務局]のメールアドレスが記載されていますので、
仕事や取材の依頼を希望される人はそちらからアプローチするとよいかと思います。

垂見圭竹(垂水圭竹)さんが『LADAKH flower studio』にて手掛けた
主なクリエーションは以下の通りです。

多くのハイブランドのフラワークリエーションを手がけており、
その人気は日本だけに留まらず、世界からも高く評価されています。

主なクリエーション
  • 羽田空港JAL国際線ファーストクラスラウンジ グリーンコーディネート
  • レクサス星が丘 グリーンコーディネート
  • メルセデス・ベンツコネクション グリーンコーディネート
  • 銀座三越・垂見圭竹 秋の花スペシャルインスタレーション&トークショー
  • 銀座三越・銀座桜ウィーク「GINZA OHANAMI」
  • 伊勢丹新宿本店
  • 資生堂 クレ・ド・ポー ボーテ 新作発表会&トークショー
  • ザ・プリンスさくらタワー東京 リニューアルオープン
  • カッシーナ・イクスシー
  • ブルトハウプ東京ショールームほか

ご覧の通り、ラリックジャパン、カッシーナ・イクスシー、
ブルトハウプ、
資生堂、日本航空、レクサス、メルセデス・ベンツなど、
ハイブランドのフラワークリエーションを手がけています。

空港や百貨店、ショールームなどのあらゆる空間において、
その空間に調和する「花の世界観」を演出しています。


(画像引用元:https://keichikutarumi.com/

受賞歴

垂見圭竹(垂水圭竹)さんは、資生堂クレ・ド・ポー ボーテが主催した
「ラグジュアリーで芯のある女性」インターナショナル版において、
日本人2名のうちの1人に選ばれました。

「花と空間の調和」を軸に、その細部にまで研ぎ澄まされた感性で作り上げる
垂見圭竹(垂水圭竹)さんの花の世界観は、世界有数の企業やホテル、メゾンからも
高い支持を得ています。それが受賞理由となったそうようです。

垂見圭竹(垂水圭竹)のフラワーアーキテクトは、お花はもちろんのこと、
しつらえまでの細部にこだわり、美しく鮮やかな空間を創り上げます。

通常の生花の枠組みでとらえることのできない、
ダイナミックな空間芸術を花とグリーンで空間を演出します。

花をあやつり、器が、しつらえがその表情を変え、
新たな美が生まれるという信念ももと、
フラワーアーキテクトとしての活躍の場を広げています。

垂見圭竹(垂水圭竹)さんの公式アカウントがSNSに!

TW画像
Twitterには「【公式】垂見圭竹先生応援アカウント」という公式のファンアカウントがあるくらい垂見圭竹(垂水圭竹)さんは人気です。

主な発信内容
  • 垂見圭竹(垂水圭竹)さんの活動状況
  • フラワーアレンジメント作品
  • 垂見圭竹(垂水圭竹)さんのプロフィール

お花の画像もあり、癒されるのでぜひ一度チェックしてみてください。

 

初の写真集を発売

垂見圭竹(垂水圭竹)さんは、2021年6月に、
自身初となる写真集『KEICHIKU TARUMI』(万来舎)を出版しました。


(画像引用元:https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784908493454

写真集の概要
  • 著/文:垂見圭竹
  • 発行:万来舎
  • 定価:13,000円+税
  • ページ数:256ページ
  • 書店発売日:2021年6月25日
  • 撮影期間:約3年半

3年半の歳月をかけて撮影した渾身の写真集です。

3年半に渡り、花とグリーンで空間を演出する垂見圭竹(垂水圭竹)さんの創作活動を追い、
作品制作を支える哲学や息遣いに迫っています。

お花を自由自在に操るスペシャリストの彼女だからこその、
表現力豊かで美しい一冊に仕上がっています。

花とグリーンに囲まれた美しい写真が256ページにも渡って掲載されています。
空間デザインについても学べるので、華道の素人でも十分に楽しめる内容です。

美しいお花の空間デザインを愛でたり、
自宅にお花を飾るときのインテリアの参考にしたり、
色々な用途で使える写真集だと思います。

まとめ

垂見圭竹(垂水圭竹)さんは、「花と空間の調和」を軸に、
その細部にまで研ぎ澄まされた感性で作り上げるフラワーアーキテクトです。


(画像引用元:https://keichikutarumi.com/

世界を代表するようなハイブランドのフラワークリエーションを多数手がけており、
資生堂クレ・ド・ポー ボーテが主催した「ラグジュアリーで芯のある女性」
インターナショナル版において、日本人2名のうちの1人に選ばれました。

彼女の生み出す作品は、「ラグジュアリーで芯のある女性」の名に相応しく、
通常の生花の枠組みでとらえることのできない壮大なものです。

そのダイナミックな空間芸術は、
彼女が手掛けるフラワークリエーションの展示場所で見ることができますが、
遠方だから行けない・見られないという方は垂見圭竹(垂水圭竹)さんの写真集が
発売されていますので、ぜひそちらでみていただければと思います。


(画像引用元:https://keichikutarumi.com/

 

 

ABOUT ME
mottokoikoi
3児の母でアラサー専業主婦。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。