ページ コンテンツ

雲上寺ジェシカの腹ペコBLOG

ホットなニュースでお腹いっぱいにするBLOG

増殖する「○活」、なぜ日本人は「○活」という言葉が好きなのか?

最近、朝早い生活が好きになりました。

もともとは夜型人間でしたが、子供が生まれてからはすっかり朝型です。

 

f:id:mottokoikoi:20190423144403p:plain



 

 

朝5時に自然に目が覚めた日は

家の近所の自販機まで缶コーヒーを買いがてらお散歩に行きます。

時間に余裕がある日は24時間空いているファミレスで朝食を食べます。

夜明けは空気が気持ちいいですね(*´∀`*)

 

 

f:id:mottokoikoi:20180919170855p:plain

 

 

こういった朝早起きをして精力的に活動することを

「朝活」というそうです。

 

 

 

・・・日本人は「○活」が好きですよね。

 

 

 

これらは日本特有の言葉だそうで、

外国語に訳す場合にどう訳していいのか困るらしいです。

 

 

なぜ日本人は「○活」が好きなのでしょうか???

理由や背景は諸説ありますが、大きく以下2点が挙げられると思います。

 

 

①広告会社の作戦

広告会社が新しい「○活」を次々PRしたから

「○活」という言葉は、短く覚えやすく流行りやすいため、

キャッチーな言葉であるといえるでしょう。

 例えば「死ぬまでの計画立てませんか?」より「終活しませんか?」

という言い方の方が、心理的に気楽な気持ちで始められます。

言葉が流行り馴染みがあると「やってみよう」と思う人が増えるため、

「○活」という言葉は、非常にPR効果の高い言葉であると思います。

 

 

②SNSの流行

SNSで手軽に「成功者」や「理想とする人」を見られるようになったから。

海外の人はあまり人の評価を気にしないが、日本人は特に人と比べがちです。

「成功者」と自分を比べて「自分はダメだ」「もっと○○さんみたいになりたい」

というような、負の感情が生まれやすい人種であるといえるでしょう。

理想に近づくために目標を掲げてプロセスを踏んでいく人が増え、

結果「○活」が増えたのかもしれません。

 

 

 

ちなみに「○活」、調べてみると他にもいっぱいありました(@_@;) 

 

 

 

<「○」活一覧>

就活(就職)
婚活(結婚)
終活(死ぬまでの計画)
涙活(涙を流してストレス発散する)
留活(留学)
燃活(脂肪を燃焼させる)
菌活(体内の菌を活性化させる)
離活(離婚)
妊活(妊娠)
恋活(恋愛)
朝活(朝の時間を有効に使う)
昼活(昼の時間を有効に使う)
夕活(夕方の時間を有効に使う)
夜活(夜の時間を有効に使う)
ソー活(SNSを利用して就活をする)
転活(転職)
保活(子供を保育園に入れる)
温活(ダイエットや健康のために理想の体温にする)
美活(美を追求する)
コラ活(コラーゲンを賢く摂取する)
腸活(腸内環境)
眠活(寝ながら美容)
寝活(寝ながら美容)
呆活(ぼーっとする時間をつくる)
ソロ活(一人で活動する)
ヲタ活(オタク)
墓活(墓探し)
友活(ネット上じゃなくリアルな友達を作る)
ラン活(ランドセルを選ぶ)

 

 

 

私は「就活」のイメージが強くて「○活」という言葉は少し苦手です・・・m(_ _)m

 「頑張らないといけない!!!」

「続けないといけない!!!」というな強迫観念にかられます。

※「○活」と聞くと松岡修造が浮かびます(笑)

 

f:id:mottokoikoi:20180919172054p:plain

 

 

ですが、この一覧をみてみると、

気軽な気持ちでチャレンジするのが「○活」のようですね。

自分に合わなきゃ止めても別にいいのです\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

 

 

>呆活(ぼーっとする時間をつくる)

これやりたい!!!!てかやってる(笑)

f:id:mottokoikoi:20190423144511p:plain