人物

十河良寿(株式会社IZA代表)を例にみる、今WEBマーケティング企業が熱い理由

Pocket

2020年より新型コロナの影響で、テレワークが広く普及しました。

私の主人の会社では社名する必要がある日(会場でイベントを行う日や出張の日)だけ
出勤し、あとは基本的に家で在宅勤務となっています。

このようなテレワークという働き方が定着したことにより、
近年はますますWEB業界の人気が高まっているように感じます。

  • 満員電車に揺られて出勤したくない
  • 仕事とプライベートを両立したい
  • 育児を理由に急に休みをとって職場に迷惑をかけたくない
  • 自分のペースで仕事をしたい
  • アポの移動時間等を避け、なるべく効率的に仕事をしたい

このような希望を持っている人たちにとって、
パソコン1つあれば仕事ができるWEB業界はとても魅力的な業界だと言えるでしょう。

実際に、求人媒体サイトをチェックしていると、
WEB関連業界は旅行・飲食・レジャー業界と比較すると
コロナの悪影響を大きく受けておらず、むしろ急成長している会社も多いです。

例えば、大阪府大阪市にある「株式会社IZA」というWEB関連企業は、
2020年4月に設立されたばかりのフレッシュな会社です。

今回は株式会社IZAと、その代表である十河良寿氏について調べつつ、
WEB業界全般の最新事情について迫ってみたいと思います。

株式会社IZAについて

株式会社IZAの会社概要

2020年4月創立の企業で、レクストホールディングスグループ内企業に対する
WEB広告/WEBマーケティング事業を行っている会社です。

項目詳細
社名株式会社IZA
所在地〒537-0022
大阪府大阪市東成区中本3-10-6
設立2020年4月
代表者代表取締役 十河 良寿
従業員数10名
上場市場名非上場
平均年齢30歳

親会社のレクストホールディングスは、
グループ連結で計76憶の売上を誇るホールディングス会社であり、
生活総合商社として顧客の生活・人生に寄り添った事業を展開しています。


(画像引用元:レクストホールディングス公式サイト

関連企業一覧

(画像引用元:レクストホールディングス公式サイト

レクストホールディングス傘下の会社は、関東・関西を中心に
日本全国に展開しています。

そして、これらの会社の中の、
株式会社REGATEの執行役員と株式会社IZA代表取締役を
兼任している人物が十河良寿氏です。(この写真の人物が十河良寿氏です。)

十河良寿氏の目指すビジネスビジョン

十河良寿氏がチャレンジしている情報テクノロジーという領域は、
最も厳しい競争の中にあると言えるかもしれません。

前述の通り、WEB業界のニーズは年々高まっており、
新しいWEB関連企業は次々と創設されています。

就職活動生にとっては非常に門戸の広い業界になっていて嬉しいことだと思いますが、
企業創始者にとっては「君の変わりはいくらでもいる」と肩たたきに遭うリスクが
伴います。熾烈な競争社会の中で利益を上げ続けなくてはなりません。

十河良寿氏は、株式会社REGATEの公式サイトにて、
今の現状を「循環型社会への転換が求められている」と語っています。

持続可能な発展を目指すには、モノをリユースすることが重要です。
モノの消費を繰り返すだけでは資源が尽きてしまいますからね。

十河良寿氏が執行役員を務めている株式会社REGATEでは、
リユースの力に着目し、IoT によるマネージメントの飛躍的な効率化に
よって急成長を遂げました。

株式会社REGATEが手掛けるリユースブランド『FUKU CHAN』は、
国内有数のリユースブランドと呼び声が高く、既に海外への事業展開も始めています。

決して利益追求だけを目的とするものではなく、

———価値を創出すれば、モノは何度も再生する———


リユースの真の価値を世界に広めてゆくことこそ、十河良寿氏を始め、
株式会社REGATEが大切にしている概念です。

消費型社会の弊害を知り、日本だけでなく、世界中の人々が
リユースへの意識を高めていくことは我々人間の使命です。

WEB関連企業が乱立する昨今ですが、限りある資源を大切にし、
モノの消費だけでなく、モノの再生・再利用を意識することが重要視されます。
誇りある未来を迎えるために、そのような志を掲げた会社が増えてくれることを願います。

ABOUT ME
mottokoikoi
3児の母でアラサー専業主婦。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。