美容・健康

ラクビ(Lakubi)で腸まで届く「菌活」を✨ 酪酸菌とビフィズス菌がWで体内環境をサポート❗

Pocket

前回、株式会社二コリオに関するブログ記事を書きました。
詳細は以下からご覧ください。
↓↓↓

前回のブログでもご紹介したとおり、二コリオには多種多様な商品が揃っています。

今回は、二コリオが扱っている商品の中でも
特に人気の『ラクビ』(Lakubi)について、より深く調べてみたいと思います。

Lakubi(ラクビ)

Lakubi(ラクビ)の特徴

栄養成分表示/1粒(269mg)あたり
  • エネルギー・・・1.03kcal
  • たんぱく質・・・0.06g
  • 脂質・・・・・・0.008g
  • 炭水化物・・・・0.18g
  • 食塩相当量・・・0.00075g
『Lakubi(ラクビ)』の特徴
  • 生きた酪酸菌を1粒に約1,700万個配合
  • オリゴ糖とサラシアエキスのW配合
  • 森永乳業の「ビフィズス菌B-3」をたっぷり配合
『Lakubi(ラクビ)』はこんな人にオススメ
  • 腸内環境を整えたい
  • 朝スッキリと目覚めたい
  • 食事を心から楽しみたい

まずは、前回のおさらいから――😊😊😊

二コリオの主力商品のひとつである『Lakubi』(ラクビ)は、
酪酸菌・ビフィズス菌含有のサプリメントで、腸内環境を整える効果があります。

『Lakubi』(ラクビ)という名前の由来は、
「酪酸菌」と「ビフィズス菌」の頭文字です。

  • 酸菌(らくさんきん)
  • フィズス菌

この体内環境を整える2大成分を配合した『Lakubi』(ラクビ)は、
カラダの内側からの「インナーケア」に適した商品です。
カラダを中から優しくいたわり、健康的な毎日を送りたい方にオススメです。

Lakubi(ラクビ)のココが凄い

Lakubi(ラクビ)は、その名の通り、大量の酪酸菌とビフィズス菌が含まれており、
「菌が生きたまま届く」にこだわり抜いたサプリメントです。

その凄さを深く解説していきたいと思います。
(酪酸菌とビフィズス菌の特徴は後ほど詳しくご紹介いたします。)

生きた酪酸菌を1粒に約1,700万個配合

『Lakubi』(ラクビ)は、生きた酪酸菌が一粒になんと約1,700万個も入っています。
ぬか漬けなどにも含まれ、日本古来から多くの人々に愛されてきた菌の一つ「酪酸菌」。
腸まで生きて届くため、身体の内側から綺麗と健康をサポートしてくれます。

オリゴ糖とサラシアエキスのW配合

『Lakubi』(ラクビ)の強みは「酪酸菌」と「ビフィズス菌」だけではありません。
これらの菌が腸内で最大限のパフォーマンスが発揮できるように、
「酪酸菌」と「ビフィズス菌」が活躍できるための物質も配合されています。

善玉菌のエサとなり、「短鎖脂肪酸」をサポートするオリゴ糖とサラシアエキス
W配合されており、スッキリ過ごしやすい日々をサポートしてくれます。

森永乳業の「ビフィズス菌B-3」をたっぷり配合

『Lakubi』(ラクビ)は、ビフィズス菌の種類にも徹底的にこだわっています。
森永乳業が40年かけてたどり着いた「ビフィズス菌B-3」を1粒に贅沢に配合しています。
1日1粒飲み続けるだけで、十分な効果を発揮することでしょう。

酪酸菌(らくさんきん)のココが凄い✨

酪酸菌(らくさんきん)は、酪酸を産生する細菌を意味します。

動物の腸内にもともと存在する菌であり、
特に消化管内に常在している菌として知られています。

ミネラル不足を補う

酪酸菌が作り出す酪酸は、腸内を弱酸性にする効果があります。
腸内が弱酸性になることによって、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルの吸収性が
上がるため、ミネラル不足を補うこともできると言われています。

善玉菌が住みやすい環境にする

また、腸内にある悪玉菌の発育を抑制する効果があります。
酪酸菌を体内に取り入れることによって、
乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が住みやすい環境を作るのに役立ちます

善玉菌・悪玉菌は、腸内環境を整えるだけではく、
もっと広い意味で美容・健康に与える影響がとても大きいです。

それらをわかりやすくまとめてみましたので、以下をご覧ください。
↓↓↓

善玉菌が多い腸

  • 免疫力アップ
  • 便秘解消
  • がん予防
  • 美肌
  • 代謝アップ
  • ダイエット
  • 自律神経が整う
  • 若返り
  • 快眠

「第2の脳」といわれるほど重要視されてる『腸内フローラ』

『腸内フローラ』のバランスは、体調・食生活・年齢・ストレスなど、
様々な外的要因によって日々変化します。

もちろん睡眠や食事などでバランスを整えることも重要ですが、
食生活だけで必要な栄養素を摂取することはなかなか難しいので
『ラクビ』(Lakubi)のようなサプリメントで栄養を補ってもいいかと思います。

悪玉菌が多い腸

  • 慢性疲労
  • がん
  • アレルギー
  • アトピー
  • 不眠
  • 肥満
  • 口臭
  • 自律神経の乱れ
  • 肌荒れ
  • 糖尿病
  • 便秘

悪玉菌は、脂質や動物性たんぱく質を好む傾向があります。
ですので、肉類中心の食生活を送っている方は注意が必要です。

肉類中心の食生活を続けると、脂質や動物性たんぱく質を好む悪玉菌が増え、
健康な『腸内フローラ』を保ちにくくなります。

その結果、肌荒れや慢性疲労などの体調不良に繋がります。
悪玉菌が増殖し続けると、最悪の場合、がんになるリスクもありますので、
くれぐれも注意が必要です。

腸内環境の変化は、食生活などの生活習慣だけではく、年齢とも深い繋がりがあります。
加齢とともに善玉菌と悪玉菌のバランスは崩れやすくなってくるので、
「胃の調子が悪くなったな」と感じたら積極的に酪酸菌を摂取することを心がけましょう。

脳に良い影響を与える

2007年、ある米国とフランスの共同研究チームが、
酪酸には「抗うつ作用がある」という研究結果を発表しています。

マウスに「酪酸」と「うつ病の治療薬」をそれぞれ投与したところ、
「うつ病の治療薬」を投与したときと比べて、
「酪酸」を投与したときの方が記憶を司る海馬が増大することが確認されました。

さらに、酪酸を投与されたマウスのほうが、神経細胞の成長に不可欠な物質が
増加していたそうです。

ビフィズス菌のココが凄い✨

続いて、『Lakubi』(ラクビ)の2大要素のもうひとつ、
ビフィズス菌の効果・効能について調べてみたいと思います。

ビフィズス菌は、善玉菌の中のひとつです。
成人の場合、ビフィズス菌は腸内細菌の約10%を占めます。

有名な善玉菌としては、ビフィズス菌の他にも乳酸菌もあります。
しかし、乳酸菌はビフィズス菌の100倍以上多く体内に生息しておりますが、
身体への影響はビフィズス菌の方が遥かに大きいと考えられています。

つまり、ビフィズス菌は腸内にごくわずかしか生息しておらず、
身体への影響度の高い稀有な善玉菌である、と言えます。

ビフィズス菌は加齢とともに減少

ビフィズス菌の保有率は、赤ちゃんの時が最も多いです。
赤ちゃんのときは、腸内細菌のほとんどをビフィズス菌が占めています。

しかし、離乳食をはじめると悪玉菌も増え、腸内フローラのバランスが崩れてきます。
急激な腸内環境の変化により、赤ちゃんの便秘や軟便の原因になることもあります。

このように、加齢とともに善玉菌のビフィズス菌はどんどん減少していきます。
30代40代移行になるとは悪玉菌が急速に増加していき、
高齢者ではビフィズス菌は極めて少なくなってしまいます。
何の努力もせず、ビフィズス菌を体内に保つことは困難です。

また、加齢だけではく、日常生活の様々な要因でも減っていきます。

  • 食物繊維が不足した食生活
  • 肉類中心の食生活
  • 偏食
  • 運動不足
  • 心理的なストレス

などの外的要因により、善玉菌であるビフィズス菌を減らしてしまい、
悪玉菌を増加させることにつながります。

ビフィズス菌を増やすには?

このように、加齢やストレスからどんどん減少していくビフィズス菌ですが、
ではどうすれば増やしていくことができるのでしょうか?

ビフィズス菌を増やすために有効な策は2つです。

  • 外から生きたビフィズス菌を補給すること。
  • そして腸内にいるビフィズス菌を増やすこと。

まず、外から生きたビフィズス菌を補給しないことには始まりません

ヨーグルトのような食品から摂取してもいいですし、
『ラクビ』(Lakubi)のようなサプリメントから摂取してもいいと思います。
ちなみに、『ラクビ』(Lakubi)は1日1粒なので、気軽に続けられると思います。

そして、外から補給したビフィズス菌を、きちんと腸内で増やさないといけません。
そのためには、摂取し続けることも重要ですし、食生活も意識しなければなりません。

悪玉菌を増やす要因となる肉類や油脂類を沢山とることを控えて、
食物繊維が豊富な野菜類をとることが有効です。

また、ビフィズス菌といえばヨーグルトですが、
すべてのヨーグルトにビフィズス菌が入っているわけではないので注意が必要です。
生きたビフィズス菌の入ったものを選び、継続的にとりましょう。

まとめ

『ラクビ』(Lakubi)は、株式会社二コリオが扱っている商品の中でも
特に人気を博している美容・健康のサプリメントです。

「酪酸菌」と「ビフィズス菌」の頭文字をとって名付けられたこのサプリメントは、
その名の通り、大量の酪酸菌とビフィズス菌が含まれており、
「菌が生きたまま届く」にこだわって作られました。

腸内環境を整えることは、若返り・美肌・免疫力アップ・便秘解消・
がん予防・代謝アップ・ダイエット・自律神経が整う・快眠など、
美容と健康において様々な効果をもたらしてくれます。

1日1粒を飲み続けるだけで十分な効果を発揮してくれますので、
ご興味のある方は一度試しみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
mottokoikoi
3児の母でアラサー専業主婦。